FC2ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の発音矯正方法  Lの場合

私は最近必ずカラオケで盛り上がる洋楽と題して、何曲かの洋楽を皆様に紹介させて頂いておりますが皆さん英語の発音には自信があるでしょうか?

せっかく盛り上がる洋楽を歌ったはいいものの、なかなか上手く発音できない為に自分のイメージ通りに歌えていないとなかなか歌っている自分自身のテンションが上がりませんよね。

そこで非常に恐縮ですが、私が普段英語を喋る、そして洋楽を歌うときに心がけていることを紹介させて下さい。

それはL、R、F、Vのこの4つのアルファベットの発音に特に気をつけることです。私の考えではこれらの発音に気をつければ日本人は英語で普通に喋る・歌うことができると思っています。

まずは今回はLから行きましょうか!  もうこのアルファベットはどの日本人にとって最初は上手に発音することが難しいある意味鬼門の代表的なものだと思います。 Lの発音方法としては舌の先端を上の歯の裏において発音しますが、日本語には全くない発音方法なので大抵日本人がLの発音を適切に発音しようとすると最初はなかなか上手くはなかなかいかないものです。

私も最初は、というか割と長い間このLの発音ができませんでした。実はアメリカに留学に行っている間でもこのLの発音がなかなか上手く発音できず、planがアメリカ人に通じなかった時は本当にショックでした。

その時はもう通じないものと諦めていたので、planの代わりにscheduleと言っていました(笑)  一応scheduleにもL発音がありますが、語尾の方にある為か一応相手には通じていました。

その他に通じなかったよく使われる単語としては airplane があります。これは現地のアメリカ人に通じなかったばかりか、同じアジア人である中国人にも通じませんでした。 これはショックでしたね。私は留学中に航空学を専攻していたのでairplaneという単語を使うことが多かったのですが、これもまた上手く通じなかったばかりに代わりにaircraftという単語を使っていました。

このLの発音の克服方法としては洋楽を歌いまくることでしたね。 Lが使用される単語が歌詞にある時は常に舌を上の歯の裏に置くように意識して歌っていました。これを繰り返すことでいつのまにか意識しなくても自然にLの正しい発音ができるようになっていました。大事なことはとにかく反復することだと思います。

また次回に残りのアルファベットのことも紹介させて頂きます。

大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。