FC2ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

中途採用者に企業が求めるTOEICスコアは700点台? ~英語を実践で使える人材が必要という企業の本音か?~


前回のブログの続きですが、それにしても前回調査と比較すると企業が新入社員に期待するTOEICスコアはあまり変化していないにも関わらず、中途社員の方に期待するTOEICスコアが100点以上UPしたというのは興味深い事実ですね。

この資料上のP10に書かれているようにグローバル化に対応する為に企業が社員に求める平均TOEICスコアが600点であることを考えると、それよりも100点高いというのは企業は単純に考えると中途採用社員には企業活動のグローバル化に対応できるのはもちろんのこと、英語をグローバルな舞台で使いこなせるという人材を求めているような気がします。これはあくまで企業がTOEICで完全に社員の英語力を測定できると認識しているという前提のもとです。

私個人的にはTOEIC600点だろうが7000点だろうがそれがその人の英語力の絶対値を示すものではないと考えていますが、企業がTOEICを現状唯一の英語試験のような扱いをしているので、ここではTOEICを英語能力測定における基準とします。

私が前の文章で中途採用社員に企業が期待するTOEICの平均点は710点ということに驚いた具体的な理由は、私自身が2013年に転職活動をしていた中で、企業の求人票には応募資格としてTOEIC700点以上を設定した企業はあまり見なかったからです。 

TOEIC700点以上を応募資格に設定している企業は自分が求人票を見た中では楽天くらいでしょうか?  国内大手メーカーも受けましたが、大抵500~600点の間だったような気がします。

あくまで応募資格であって実際に入社する人に求められているのはもっとハイスコアなTOEIC点数かもしれませんが、割とTOEICは応募基準点ギリでも合格する人は合格するみたいですので、この企業の中途採用社員に期待するTOEICスコアの平均点に驚いたわけです。

もう既に英語が使えることは当たり前のスキルになっているとはいえ、なかなか自社の教育プログラムで英語を使える人を育成していくのは難しいので、中途採用で入社してくる人は英語がある程度達者であってほしいというのが企業の思いなのかもしれないと感じました。

大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。