FC2ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語が使える仕事をするにはどの業界に就職するのが良いか?  パート2

英語が使える仕事に就くにはどの業界が良いかということについて、製造業が良いのではないかというのを私の経験談を交えて先日のブログに書かせて頂きましたが、実際の調査データに基づいても同じことが言えることを今日書かせて頂きたいと思います。

上場企業における英語活用実態調査報告書

これはTOEIC試験を作成している一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会が作成した報告書ですが、この5Pに記載されてある業務での英語の利用という項目で、製造業が58.2%を占めているのに対し、非製造業は30.9%しかないというデータを見ると、製造業がいかに業務の中で英語を使うチャンスが他の業界に比べて多いかというのが具体的に理解できると思います。

製造業の中でも英語を使う機会が多そうなのは4Pの英語使用企業という項目を見て頂くとわかる通り、電機・精密機械、輸送機器等の製造業ですね。電機業界はパナソニック等の家電を主力とする企業にてサムスン等の海外企業との競争が熾烈ですから、こういったグローバルな舞台での業務をこなすには英語力が必要になってきますから英語を使う機会が多いというのもわかります。

また6Pに書かれていますが、社員の英語力強化、グローバル人材育成の取り組みをしている企業は製造業では63.1%、そして非製造業では36.8%と非常に大きな差があります。 やはりビジネスの海外展開が進んでいる製造業ほど英語を使う機会が多く、その分会社としても社員の英語力強化に力を力をいれているというのがこのデータから読み取れると思います。同じ6Pの一番下の項目にその具体的な取り組み内容が記載されていますが、英語研修が一番多く、その次が社員が海外経験ができる機会の提供となっています。

前回のブログで私の前職、そして現職の自動車部品メーカーのグローバル人材育成の取り組み方法を紹介させて頂きましたが、まさに両社共に英語研修、そして海外経験が積める機会の社員への提供を実施していました。 

前職の会社では英語研修・海外経験機会の提供の両方を実施していて今の会社では社員の海外経験機会の提供を実施しています。私自身が勤めた企業でもこのように社員への英語教育・グローバル人材の育成に非常に熱心であったことを考えると、製造業に勤めている方が業務上で英語を使いやすい、又は英語力を高められる環境にいることはこのデータから見ても信憑性があるように思えます。

いろいろな就職先の選択肢があり、悩まれる方もいらっしゃるでしょうが英語を業務で存分に使いたいと考えている方は将来はメーカーで働くという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

承認待ちコメント - - 2014年09月28日 13:09:51

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます - - 2014年12月22日 13:00:23

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし - たくちゃん66 - 2014年12月28日 11:54:09

のりくんさん

お久しぶりです! 返信が遅くなり申し訳ございませんでした。

紹介ありがとうございます!  SAT用の単語テストサイトですかね??  国連英検特A級試験受験者には強力な味方になってくれそうですね!

トラックバック

URL :

広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。