このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

中学生もTOEFLを意識し始める??TOEFL、英検が反映される高校入試が2017年から大阪府でスタート

皆さんもご覧になったかもしれませんが、大阪府が英語の高校入試にて非常に画期的なことをやろうとしているのがニュースになっていましたね。

高校入試:大阪府教委、英検反映 「TOEFL」も 17年度入学生から

高校入試にTOEFL,英検を反映させる試みですが、私としてはTOEFLは少しやりすぎかなと思いますが、英検の所持級、TOEFLのスコアを反映させることによって学生の英語の技能を従来の筆記試験だけではなくて聞く、そして話すという能力も評価基準に入れ込んでいくという試みは非常に良いなと感じましたね。

普通の中学生3年生であればおそらく英検3級が取れるレベルなので、ここで書かれている英検2級、準1級というのは高校卒業、または大学レベルであり中学生が取得するには従来は相当難しいとされてきたものですが、学生の英語能力、はたまた英語に対する意識を高めるという点では非常に良いことだと感じました。中学生で英検2級、準1級取得者が増えてくれば間違いなく日本の学生の英語力水準は上がっていくと思いますので。

TOEFLに関しては私は少々やりすぎたかなと感じます。従来は欧米の大学に入学するのに海外の学生が受ける試験ですし、大学院留学、MBA留学でも使用される試験なので、英検1級以上のレベルになることもあり、それを中学生が受けてしまうとなんだか英語が嫌いになる学生が増えてしまうのではないかという懸念もあります。

ただ将来の海外留学等を目標にしている中学生も当然いるでしょうから、そういった意識を高く持った学生にとっては中学生の段階からTOEFLに触れておくのは悪いことではないでしょう。こういう試験でこれくらいのスコアをとらないといけないんだということを考えるようになるでしょうし、それに到達にする為にその先の大学入試よりも高い目標を自分に課すことができるでしょうから、TOEFLを使用することにも有益なことはあると思います。

学生達の語学力の水準を上げていくには彼らの目標を高く設定させてあげるというのが大切になってくると思います。 高校入試に、大学入試に合格することが英語を学ぶ目的ではないと思います。 そういった意味で今回の大阪府の試みは非常に私にとっては興味深いものでした。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。