このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

これからのグローバル人材に必要な能力。 TOEICより実践英語会話力、交渉力、MBA等の資格

先日またおもしろい記事を見つけたので紹介させて下さい。

世界を舞台に働きたい 「グローバル人材」になるには?

これからグローバルで、特に外資系企業で活躍していきたい方向けに書いてあることだと思うのですが、グローバルと題名がなっている為に英語力、TOEICの話なのかなと思っていたのですが、読んでみるともっと高度な内容の
記事だったように思います。

もちろん語学力に関する記載もあり、これから世界を舞台に活躍したい人は英語力は必ず身につけなければならないということが書いてありました。

ただここでいう英語力とは単なるTOEICのスコアではなく、実際の仕事、例えば商談や上司とのコミュニケーション等を口頭でしっかり行なえる力のことで、サイトにも記述されていますが、例えば外資系企業では採用面接においてTOEICのスコアで候補者の英語力を測ろうとするのではなく、実際に英語で面接を行い彼らが職場でしっかり英語を喋れるのかをチェックするようです。 確かにこちらの方が効率的ですし、TOEICのスコアは高くても英会話能力がスコアに見合っていない人の選別も可能になりますね。

それと今後は英語力はもちろんMBAや公認会計士等の英語を使って何ができるかというのを示す資格を取得するのも重要だと書かれていました。 

私も実は英語力だけでは今後やっていけないなというのを最近会社で感じていました。 
TOEIC900以上を取得し、周りには英語が出来る人という価値を見出してもらえていますが、最近どんどん英語ができる人が増えていますね。 
去年入社してきた新入社員の中にもTOEIC900点取得している子もいて、さすがに全員がそういうわけではないのですが、グローバルに展開している企業は英語ができる人材をこれからどんどんとっていくでしょうから、英語力だけだともうそこまでの価値はないのかもしれませんね。

自分の社会人としての価値を高めていく為にも数字に強くなりたいなと思い簿記の勉強を始め、2級まで取得し、今年の11月に1級を取得できるよう現在準備中です。

簿記1級が取れれば、米国公認会計士の資格を取得したいですね。 今まで勉強していた英語に加えて会計・経理の知識をプラスさせるという意味ではべストな資格ではないかと感じます。

英語力はあって当然でそれを生かしてビジネスができるか、ということが今後求められてくるのでそれに見合うような人材になっていきたいものです。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。