このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語力で広がる仕事の幅。 情報収集編

英語ができると具体的にどのように仕事の幅が広がるかということを前回は電話でのコミュニケーション
という観点から経験談を話させて頂きましたが、今回は情報収集の観点から英語を学んでおいてよかったと思ったことを紹介させて頂きます。

私の今勤めている会社での主な担当業務の一つに各海外支店の損益計算書を管理するという業務
があるのですが、そこで予定の売上等に対して実績はどのようなものだったのかという分析も
業務の中に入ってきます。

その分析の中で私の会社は自動車部品のサプライヤーなので自動車の販売状況、トレンド等も
分析しなくてはいけない要素に入っており、売上が計画よりも多ければなぜ特定の車種は販売
台数、生産台数が多かったのかということをネット等から情報収集しなくてはいけないケースが
あります。


もちろん現地の営業担当者に直接聞いてしまえばすぐに解決する問題なのですが、こちらが
聞いてばかりでは相手にとっても失礼なので、自分で調査できるものはしなくてはいけません。


そこでロイター通信等を利用して海外の各国、主に北米の自動車業界のトレンド等を調査するのですが、日本語のサイトで調査できる範囲というのは非常に限られたものになってしまいます。なかなか現地の情報というのはしっかりと入ってこないケースがあります。

そこで同じロイター通信でも英語版のものを見ると日本語版のロイターに載っていないような情報も
あったりするので私は市場のニュースを調査する時は英語版のニュースを見るようにしています。

又ロイター通信に限らず海外の自動車マーケットの動向等を調査したい場合は現地のサイト等に載っている情報の方が詳細の情報を入手することができ仕事が円滑に進められます。


具体的な例を挙げると、先日テスラモーターズというアメリカの電気自動車メーカーが製造
しているモデルSという車がなぜアメリカで販売、生産台数共に上がり調子なのかを調査
しようと思っていろいろ英語でサイトを探していたところ、テスラ社の株主に向けての第四四半期
報告書のサイトを見つけることができ、欲しかった情報を得ることができました。

このように英語の文章を読みこなす能力があると業務上で情報収集等が必要になってくる時に
非常に役に立つことが多いです。 もちろん私等よりももっと有効に英語力を駆使して情報収集
に役立てている方も多くいらっしゃると思います。 英語読解力があると普段の業務で役立つ例を
紹介させて頂きました。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。