FC2ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクのTOEIC900点取得者への100万円報奨金について考える

先日皆さんも目にしたと思いますが、ソフトバンクがTOEIC900点以上取得者になんと100万円もの報奨金を出すそうですね。しかも800点以上の取得者にも30万円の報奨金とはまたまた太っ腹です。

TOEIC900点以上なら百万円 ソフトバンクが社員の英語力アップへ報奨金


私の感想としてはとうとう日本の企業も社員の英語力強化に本気になってきているなということです。
いわゆるニンジン作戦ですが、こういう方策が一番効果的なのかもしれません。

「900点はムリでも800点ならいけそうだから30万円目指して頑張ってみよう」だとか「900点取得してダブルボーナスだ!」なんて考えている人もいるでしょうね。

おもしろいのはこの900点と800点の間にある70万円もの格差です。やはりソフトバンク程の企業であればTOEIC900点取得者と800点取得者の英語力の違いというのを理解しているのでしょうか。

私の勝手な推測だとおそらく900点とれる人というのはたとえその人がTOEIC対策ばかりやっていてその結果とれたひとであっても、ある程度の実践での英語力、いうなればスピーキング、ライティング、リスニング力というものが保証されている人ということです。 

もちろん例外もあるとは思いますが、ソフトバンクもTOEIC900点とれてしまう人はいきなりビジネスの場にパッと出されても自分の専門外の知識に関する話でもある程度のコミュニケーションはとれる英語力を持った人だろうと踏んでいる気がします。

TOEIC800点の人であれば通訳的ものは難しいかもしれないけれどもメールの読み書き、または会議のような場においても相手の言っていることは理解できて、自分の意見もある程度は表現できる人だと思っているのでしょうかね?

おそらくその他の企業でもTOEIC高得点者に対しての報奨金というのはあるでしょうがここまでの金額というのはおそらくソフトバンクが初めてなのではないでしょうか?  それほどにソフトバンクの社員の英語力強化に対する本気度が伝わってきます。

それにしても入社の基準がTOEIC900点といわれているサムスン等はこのニュースを見てどう思うのでしょうかね?そうでもしないと社員の英語力を強化できないのか?等とほくそ笑んでいるのでしょうか?

ただこれでまた日本の英語学習におけるTOEIC至上主義の傾向が高まってきそうです。このソフトバンクの方策の成果によっては他の有名企業も同じようなことを行いだす可能性もあるでしょう。

TOEIC高得点者=英語が堪能 というある意味確証のない概念がまた蔓延しそうですが、ただここまでTOEICが日本で権威のあるテストになってしまった以上、TOEIC高得点を目指すということをきっかけに日本のビジネスマンの英語力を高めていけばそれはそれで良いのかなと感じます。


TOEICのスコアが高い=基本的な英語力は高い という図式は正しいと思うので。
またこれからの企業が打ち出す社員英語強化方策が楽しみですね。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。