このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

通訳案内士の試験緩和について思うこと

皆さん大分お久しぶりです! なかなか記事が書けなかったですが久しぶりに書いてみたいと思います。


かれこれ3ヶ月前くらいの記事ですが、通訳案内士の試験内容が緩和されるというニュースがありましたね! 外国人客急増に伴う「無資格ガイド」規制緩和は果たしてうまく行くか? 今までは通訳案内士の資格を保有していないと有償で外国人に対してガイド業務ができないというルールになっているようですが、今のインバウンド需要、特に中国人&韓国人の観光客に対応する為の対策として無資格であっても歴史や地理等に精通してガイド等の実務があれば有償でガイドができるというように、規制緩和して今のインバウンド需要に対応しようというもののようです。 現在の通訳案内士に登録している方のほとんどが英語の通訳案内士であり、需要の大きい中国語や韓国語通訳案内士の数が絶対的に不足しているというのが背景にあるそうです。 私としてはこの規制緩和は致し方ないことだと思いますね。これだけ多くの中国人が日本に来るようになっては政府としてもこのような手を打たざるを得ない気がします。  そもそも通訳案内士の主な仕事はガイド等を通じて日本の歴史や文化を外国人に伝えることだと思うので、外国語に精通しているのは勿論ですが日本の地理&歴史を深く知っていないと、観光地でのガイドはもちろん外国人からの予期しない質問にも上手く答えられないでしょう。 その点そういった実務経験のある方を通訳案内士の業務についてもらうのは非常に合理的である気がするし、ペーパーテスト&面接だけで通訳案内士ができるかを判断するのもいい意味でも悪い意味でも日本的な感じがします。 これだけ世界の人々が日本にやってくる時代になったので、試験制度も変えていかないと対応できないですよね。 ただ求める語学レベルをあまりむやみに下げるのは考えものですがね。 TOEIC 840点で英語試験免除になってしまったようなことがあるとなんだかショックですが、そこらへんも上手く規定を政府が造ってくれたらなと感じました。 大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします! 英語 ブログランキングへ にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ にほんブログ村

スポンサーサイト
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。