このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

三井物産、三菱商事などの総合商社が採用している英語試験 BULATS~TOEICでもはや社員の英語力を判断しなくなるのか?~


私が最近よく読むSankei Bizのコンテンツの中にまた興味深い記事が掲載されていたので紹介させて
頂きます。

大手商社の英語力測定テスト 気になるその中身とは?

この記事の内容によると、三井物産、三菱商事、住友商事のような総合商社では、社員の海外転勤時等の英語必要要件としてBULATS(ブラッツ)という試験を採用しているようです。

そのBULATSとは皆さんよくご存知の英検を監修している日本英語検定協会が2004年から開始したテストで、世界各国で採用されている英語試験です。

TOEICとは違い、英語の聞く、書く、読む、話すのすべての能力を測定することができる試験であり、そういった点でいうと英検準1級、1級と試験で問われる能力が同じということになります。

参考までにBULATSの公式サイトを下記に載せておきます。

BULATS 日本英語検定協会サイト

試験形式としては従来のペーパー版のテストに加え、オンライン版のテストもあり、テスト結果自体も約2週間以内に出るということで非常にありがたいものですね。

サンプル問題があったのでリスニングのみ行ってみました。 基本的には選択形式なのですが、問題によっては聞いた情報を紙に書くという作業もある為、そういったところがビジネスの実践の場で能力を測るのに適しているのだなと感じました。 私は実はサンプル問題で記述式で一問間違えてしまいましたが、、選択形式は全問正解でした。サンプル問題のレベルとしては英検準1級くらいかなと感じました。ちなみに原則は団体での申し込みのみになっており、おそらく個人での申し込みは現状はできないと思います。

日本の大学、企業でも採用している数は増えてきているようで、今後はTOEICではなくこういった英語試験が主流になってくるかもしれませんね。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの語学留学はフィリピンへのセブ島へ? 新しい留学の形

最近フィリピンのセブ島へ語学留学する方が増えているというニュースを発見しました。


英語の必要に迫られた人が「セブ島」に向かうワケとは?

英語を学ぶための留学といえば普通はアメリカ、カナダ、欧州の国々への留学を想像する方が大半であると思いますが、最近ではフィリピンへ留学する方が増えてきているようですね。

この記事にも書かれているように、フィリピンはアメリカ、イギリスに次いで3番目に英語を話す人口が多いという英語国家であり、しかもその発音もなかなかのものだとか。 実は私香港に住んでいた時にイギリス人の家庭教師に英語を教えて頂いていたのですが、その方の奥さんがフィリピン人の方で、非常に綺麗な英語を喋っていました。

しかも観光地のセブで生活できることに加え、人件費が安いことから留学自体の価格が欧米の国への留学に比べて格安というのが最大の魅力でしょうね。

日本からの留学生は最近増えてきているようですが、ただ最初にこのフィリピンでの英語留学に目をつけたのが韓国のようです。なんと1990年代から既にフィリピンに語学学校を設立する等積極的に活動していたようです。
日本の企業が韓国の企業に英語力というところで差をつけられている要因が見えるような気がします。

ただ基本マンツーマンの授業内容で、欧米圏へ語学留学するよりもはるかに安く、しかも会話量も多いというのは非常に魅力的ですよね。 皆さんもセブ島への観光ついでに英語も学んできてはいかがでしょうか?


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

純粋な英語力を測るのであればTOEICよりも英検~英検1級を目指しましょう~

私はこのブログでもTOEICよりも英検の方がその人の英語力を測るには良いということをしきりに言ってきましたが、そのことを理論立てて説明して頂いているサイトを発見しましたので興味のある方は是非一読下さい。

英検の意義とTOEICとの関係

英検では聞く、読む、書く、話すのすべての能力が測れてTOEICよりもバランスの良い試験であることを述べているところはもちろん、まだTOEICを受けるレベルにない人は英検2級の受験を勧めているところが非常に興味深い内容でした。

記事にも書かれてある通り、確かにTOEICで500点台に到達できない人はTOEIC対策をやりこむよりも英検2級を先に取る方が総合的な英語力がつき、その人にとってはいいでしょうね。英検2級は高校卒業レベルなので、高校生までに覚えておきたい英単語も取得でき語彙力もつきますし、英語での面接試験もありますので話す力もつきます。 英検2級がとれればTOEIC500点以上とれる力は十分にあると思いますし、TOEIC600点台も見えてきそうな気がします。

TOEIC800点台がとれない人には英検準1級の取得を勧めているのもうなずけます。英検準1級で出題される単語はTOEICではなかなかお目にかかれない程難易度が高いものが多いですし、長文問題もTOEIC以上のレベルです。ただ私の場合英検準1級取得時のTOEICのスコアが675点だったので、一概には英検準1級持っていればTOEIC800点台になるというわけではないようです。ただ英検準1級を取得していれば、TOEIC800点とれる能力はあるとみなしても私は良いと感じます。

ただこの記事の最初に書かれている「英検1級の社会的な評価はTOEIC900点よりも高い」という文に関しては私は疑問です。私の転職活動中の経験談で恐縮ですが、いろいろな企業を回った中では明らかにTOEIC900点台の方が評価していました。というか9社程面接を受けましたが、英検1級のことを触れられたことは一度としてなく、TOEICの900点台ばかり評価されました。 私としては英検1級に取得の方がTOEIC900点取得よりもはるかに苦労したので、英検1級の社会的地位の方が高くあってほしいと思いますが、今のTOEIC至上主義の風潮の中ではそうではないと思っている人も確かにいるのでしょうね。

いつから英検はTOEICよりも訳に立たないという風になってしまったのかが不明なのですが、また今後もこういった英検VS TOEIC の論議は続くのかもしれません。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。