このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

中学生もTOEFLを意識し始める??TOEFL、英検が反映される高校入試が2017年から大阪府でスタート

皆さんもご覧になったかもしれませんが、大阪府が英語の高校入試にて非常に画期的なことをやろうとしているのがニュースになっていましたね。

高校入試:大阪府教委、英検反映 「TOEFL」も 17年度入学生から

高校入試にTOEFL,英検を反映させる試みですが、私としてはTOEFLは少しやりすぎかなと思いますが、英検の所持級、TOEFLのスコアを反映させることによって学生の英語の技能を従来の筆記試験だけではなくて聞く、そして話すという能力も評価基準に入れ込んでいくという試みは非常に良いなと感じましたね。

普通の中学生3年生であればおそらく英検3級が取れるレベルなので、ここで書かれている英検2級、準1級というのは高校卒業、または大学レベルであり中学生が取得するには従来は相当難しいとされてきたものですが、学生の英語能力、はたまた英語に対する意識を高めるという点では非常に良いことだと感じました。中学生で英検2級、準1級取得者が増えてくれば間違いなく日本の学生の英語力水準は上がっていくと思いますので。

TOEFLに関しては私は少々やりすぎたかなと感じます。従来は欧米の大学に入学するのに海外の学生が受ける試験ですし、大学院留学、MBA留学でも使用される試験なので、英検1級以上のレベルになることもあり、それを中学生が受けてしまうとなんだか英語が嫌いになる学生が増えてしまうのではないかという懸念もあります。

ただ将来の海外留学等を目標にしている中学生も当然いるでしょうから、そういった意識を高く持った学生にとっては中学生の段階からTOEFLに触れておくのは悪いことではないでしょう。こういう試験でこれくらいのスコアをとらないといけないんだということを考えるようになるでしょうし、それに到達にする為にその先の大学入試よりも高い目標を自分に課すことができるでしょうから、TOEFLを使用することにも有益なことはあると思います。

学生達の語学力の水準を上げていくには彼らの目標を高く設定させてあげるというのが大切になってくると思います。 高校入試に、大学入試に合格することが英語を学ぶ目的ではないと思います。 そういった意味で今回の大阪府の試みは非常に私にとっては興味深いものでした。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外留学生で一番英語ができないのは日本人だった! 交換留学時代にショックを受けたこと

今回のブログタイトルですが、私のブログを見て頂いている方の中に、現在交換留学中の方から「海外留学生は英語が皆うまい」ということをコメントで書いて頂いたことで私が留学生時代のことを思い出したことからです。

私は2006年9月~2007年5月までアメリカのミシガン州にある小さな大学に交換留学生として派遣されましたが、着いた時に海外留学生用のオリエンテーションがあり、そこでその他の国から来ている留学生と交流する機会があったのですが、他の国の留学生の英語力の高さに愕然としたのを覚えています。

欧州、カナダからきている留学生に関しては初めから上手だろうと思っていたので特に驚きなどはありませんでしたが、同じアジア、特に東アジアからきている留学生の英語力の高さには特に驚かされました。

韓国、中国人留学生がはるかに自分たちよりも流暢に英語を話すのを目のあたりにして「これから僕らの世代が日本を引っ張る時には中国、韓国の人たちにどんどん先をこされるんじゃないか?」ということを考えたものです。

当然英語力だけでその国の人の力というのを測るのはあまりに雑ですが、同じアジア人が英語という完全に異なる言語を自分達よりも使いこなしているのを見ると、明らかに自分達よりも英語を勉強しているということですし、他の分野でも先を越されるのではということを感じました。

実際に今パナソニック等の日本の企業はサムスンに後れをとっていますし、少しずつ私の感じたことが現実になってきてしまっていることはなにか不思議な感じがしてしまうものです。

オリエンテーションで発表してくれている人の言っていることがわからない、他の留学生のしゃべっていることがわからない等、いろいろ日本人の英語力というのが世界の場ではどれほど低いかということを散々に思い知らされた経験を思い返したので書かせて頂きました。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職時に英語力があること有利なのは間違いなし!  ただTOEICのスコアは?

最近TOEIC関連の記事が多いですが、よく興味深い記事を見つけるのでまた紹介させて頂きます。

英語力・TOEICと転職決定年収・転職決定率の関係

内容を詳しく知りたい方は上記のURLに添付されてあるPDFデータを確認して頂きたいのですが、このJACリクルートメントさんの調査結果によると、転職活動の中で自分の英語力はあると自己申告した方に関しては転職成功率、及び転職時の年収が高くなる傾向があるのに対し、TOEIC点数に関しては高得点者であればあるほど転職成功率、及び転職時の年収が上がるわけではないということが調査結果を基に書かれています。

この英語力の自己申告というのがミソなのですが、この申告方法というのが自分の英語力を上級、中級、初級と区分けするもので、上級がビジネス上でのプレゼン、交渉能力のある方、中級がビジネス上でのコミュニケーションが可能の方(会議参加、上司への報告など)、そして初級が日常会話での最低限のコミュニケーションがとれる方ということになっているようです。

内容の中で特に英語力中~上級の中ではTOEICの点数というのがそれほど転職決定率に関係ないというのが非常に興味深かったですね。英語力を初級と自己申告した方達の中ではTOEIC600点台まではTOEICの点数が高い程転職決定率が上がるのですがそれ以上ともなると逆に下がっています。

それは英語初級に限らず中級、上級者でも見られた傾向のようです。

TOEICの点数だけで考えると、検証結果にも書かれていますが700点以上ではそんなに転職の成功率にはあまり関係ないそうですね。いうなれば730点の人より950点の人の方が採用されるということではないようです。 私としてはここが意外でした。

おそらく高度な英語力が必要である外資系コンサル、総合商社等はこの例には当てはまらないのかもしれません。基本TOEIC800点以上、900点以上なら尚よいみたいな感じかもしれません。

ただこのJACリクルートメントさんで扱っている企業の求人案件はこういう超超大手企業ばかりではなく、普通の大手企業も扱っているので全体的にはTOEIC高得点者の転職率がよくなるということはないのかもしれませんね。

逆にTOEICの点数が高すぎるとプライドが高そう、扱いにくそうと思われるのかもしれません。だから程よく英語ができるという指標であるTOEIC600点~700点くらいの人が好まれるのかもしれません。いわわるオーバークオリファイということになるのでしょうか?

ただTOEIC800~900点以上の求人ってご覧になったことあるでしょうか? 私の記憶ではTOEIC800点以上の求人も今まで転職活動をしてきてみたことはあまりありません。 大抵600点以上、低いところでは400点というのもありましたかね。 とにかくあまりTOEIC800点を基準にしているようなとこはないような気がします。 総合商社とかでも800点くらいな気がしますので。 通訳とか翻訳関係の求人だとよくみましたけどね。

そういった意味でもTOEIC800点以上を求める求人というのは非常に限られていて、大抵の企業求人ではTOEIC600点~700点あって実務でも英語の使用経験があればOKということになるのでしょうね。だから700点以上になってくるとあまり転職の決定率に関係ないのかもしれません。

企業も結局重視するのはTOEICの点数よりも実務でのビジネス英語使用経験なんですね。 それはそれで正しいことだと私は感じました。 TOEICはスピーキング力を測るものではないですからね。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEIC800点以下だと業務に支障をきたすレベル? TOEICの点数評価を再認識してみる

先日また興味深いデータを見つけたので皆さんにシェアさせて頂きます。

社会人の皆さん、TOEICの評価を正確に把握されていますか?


この資料は最初の資料の中で日系企業がTOEICのスコアを昇進条件や、海外出向者選考などどのような時に活用するかが書かれており、その後にTOEICの本来あるべき評価基準について書かれています。

そのTOEICのあるべき評価基準について書かれた部分に非常に興味深いことが書かれていてそれはTOEIC800点をとってはじめてスタートラインに立てるレベルに達するとかかれていたことですね。そして800点以下であると業務に支障をきたすということも書かれています。

これは私としても少し衝撃でしたが、ただ考えてみればその通りでした。私も社会人になった頃はTOEICはちょうど800点であり、電話でのやりとり、英語でのメール作成等の基礎的な業務を行っていましたが、それくらいの力がないとおそらく基礎的な部分もこなせていなかったなと感じました。

そして少し専門的な言葉がでてくるととたんに英訳できなくなってしまうこともたまにあり、業務に少し支障をきたすようなこともありました。

これがTOEIC800点クラスの実情でしたが、ただ資料を見て頂けるとわかりますが日本でのTOEICの評価基準ではTOEIC800点レベルの人は「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」という解釈がされており、いささか評価が高すぎるような気もしないでもないです。私はTOEIC900点代の今でもインドの事業所の方の電話で言っていることが4割わかれば良い方で、明らかに業務に支障をきたしていましたが。

それが日本でのTOEICの評価基準ですが、この資料の中であるTOEICのスコアで実用英語力を測ろうとすると、TOEICの800点台の方は重要な詳細情報を取得できないため、仕事に多少支障がでる。 とあり、私のケースと同じです。


そして多くの日本企業が社員の海外出向時の基準とすることの多いTOEIC600点代に関しては日常業務で英語に触れても、それほど抵抗は感じないというクラスに分類されており、海外出向者としては英語力にいささかの不安を覚えますし、TOEIC600点以下の人に至っては業務上英語を使用することは難しいという分類になっています。転職中に割とTOEICの基準点を500点代に設定している企業も結構見たのでこれだけをみるとなんの為の基準点なのかがわからなくなりますよね。


この資料の中にもサムスンの事例が書かれていますが、彼らの中ではTOEIC900点は最低ラインとみなされており、世界と関わるビジネスマンにおいてはTOEICは800点が最低ラインというのは言いすぎではないのかもしれません。

いきなりTOEIC800点が最低基準となる日はそうすぐには来ないでしょうが、そういった日が来ないことには日本企業はまた少しずつ世界に後れをとっていってしまうのではないかなとこれを読んで感じました。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動中に感じたこと「英検1級よりもTOEIC900点台が大いに評価される」~やはり日本の企業はTOEICが英語力判断の第一基準、~

先日のブログでも書かせて頂いた内容と少しばかりかぶるのですが、私の転職活動中で最も印象に残ったのはTOEICを基準に社会人の英語力を評価しようとしている企業が未だに非常に多いのかなと感じたことです。

私は今回の転職活動で今勤めている企業からステップアップしつつ経理関係、またはコンサルティング関係の仕事ができたらなという狙いの中で転職活動を進めていました。 今勤めている企業も静岡では名うての企業で自動車部品業界でも中々の地位を築いていて売上も1兆円を超える言うなれば大企業なので、そこからステップアップとなると受ける企業は自然とある程度の知名度がある企業ということになってきます。ですのでなんとなく参考にはなるかと思います。

何社か面接を受けた中で私の強みの一つはやはり英語力なのでそこを評価して頂くことは何度かあったのですが、面接官の皆さんはほぼ全員「TOEICが900点台だしね~」 と言って下さいました。

私はTOEIC900点以外にも英検1級や国連英検特A級等のようにTOEIC900点よりも取得難易度が高い資格を習得してきましたが、そこは転職活動中は一切評価対象として触れられることはありませんでした。国連英検特A級については「これはどういう試験ですか?」というようなことを聞かれることが3回くらいあり、資格自体を認知されていない方がほとんどのようでした。

英検1級や国連英検特A級では試験の内容自体に英語での面接があり、英会話能力もある程度証明できる資格ですが、会話能力を測るものが試験に全く盛り込まれていないTOEICのスコアが一番評価されるのはどうしかものかと非常に考えさせられました。

まだ会話試験が入ってくる英検の評価を再度見直した方がいいのではないかとか、いっそ外国人社員との英会話面接等を取り入れてたほうがいいんではないか?と切に思いましたね  特に後者の場合は本当に英語力が測れますからね。 外資系企業は取り入れているようですが、日本の企業もぼちぼちそういったリクルート方法を考えてみてもいいのではないかと感じた私の転職活動でした。

また今回の転職活動で感じた事などシェアさせて頂きます。

大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
NEXT≫
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。