このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アニメで学ぼう日常英語! ~デスノートからいってみましょう!~


最近よく考えていたことがあります。


いかに楽しく,自然な形で、日常英語を学べるのかということです。


というのも私の英語の学習方法は主に英字新聞やThe Economist等の英文雑誌を読むことだったのですが、
この方法だけだと多分一生堅苦しい英語しか学べないのかなということを思うようになったからです。

じゃあどうやったら自然な形で日常会話を学べるかなと考えると、やはりアニメが一番いいのかなと考えました。


私達も小さい時にアニメを見て言葉を覚えましたし、現代人が言葉を学ぶ上で一番自然な形かと思いました。

ただだからといっていきなり全部英語のアニメを見たってわかる人にはわかるかもしれませんが、わからない人には内容はちんぷんかんぷんでしょうからあまり意味はないですね。 意味のわからない言葉を調べずに聞き続けても全く意味はありませんからね。

正直私もいきなり全部英語の台詞のアニメを見ても内容を全部理解する自信はありませんし、わたしが学びたいのは日常的英語なのでその知識が欠如している私が英語でアニメを聞き続けてもあまり効果はないような気がします。

ですので考えた方法が英語字幕つきの音声は日本語のアニメで英語の字幕で聞きなれない英語表現をピックすることによって、それが日本語ではどのように表現されているのかを一つ一つわからない言い回しをピックアップしながら日常会話を学んでいきたいなと思いました。


昔ならこんなことできませんでしたが、今の時代はyou tubeがありますからね、英語字幕の日本アニメなんて探せばたくさんでてきますよ、まさに英語学習の宝物といったところですね。


次回からまずは私の好きなアニメの一つ「デスノート」の1話からやっていきたいと思いますので宜しくお願い致します!









大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村












スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

国連英検の合格体験記が更新! 

今日久々に国連英検のHPを見たら2012年第一回の特A級、A級の合格者体験記がUPされているのに気づきました!


国連英検 上位級合格者 合格体験記


一人ひとりの合格者の方の合格体験記を読ませて頂きましたが、今回もまたいろいろなバックグラウンドを
持っている方々がいて非常に興味深かったです。


国連英検の上位級の特A級、A級にチャレンジされる方は個々それぞれいろいろな目標や、受験動機をお持ちですが、共通しているのは皆さんこの国連英検特A級、A級合格に満足することなく、更に上の英語力を目指されているということだと感じました。


私自身も去年国連英検特A級に合格して合格体験記の中で今後も英語力を伸ばしていきたいということを書かせて頂きました。

ただ最近は正直いって英語力向上のモチベーションは去年と比べると今は落ちていると言わざるを得ません。

英語以外に勉強したいこと、例えば簿記などがでてきたことも要因の一つでしたが自分の中で特A級に合格し、一つの目標を達成したことで少し英語学習に対するやる気が以前よりかは下がってしまっているということを実感しました。

ただ今回皆さんの合格体験記を読んでまた英語しっかり勉強しなおさないといけないなと思えました。 皆さんやっぱり意識の高い方々ばかりで刺激を受けますね!

実は今回の特A級の合格者の方々の中で私の出身大学在学中の学生の方がいらっしゃいました。 いや~、私と同じ大学の学生さんで既に英検1級、国連英検特A級取得というのは本当にすごいなと思いました。今後どういう道に進まれるかわかりませんが、自分の道を切り開ける人になって頂きたいなと思いました。


国連英検に興味のある方、または過去の受験者の方はまたHPチェックしてみて下さい。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村












このエントリーをはてなブックマークに追加

英語で日常会話はできますよ!? え、日常会話が一番難しくないですか?



よく英語力に自信のない方が「英語は堪能ではないですが、日常会話レベルならできます」ということを言う時がありますが、私はずっとこの言葉になにかひっかかりを感じていました。

というのも日常会話ってどういう定義なの?ということです。 例えば本当に簡単な会話、おはようございます、さようなら、こんにちは等の簡単な挨拶言葉、レストラン、お店で注文をする時の決まり言葉等の簡単な言葉を日常会話という定義としているのであれば「私は日常会話なら話せます」という主張はわかります。


ただ私がイメージする日常会話というのは普段の生活で普通に行われている日常的な会話を指しているものです。 

若者がコーヒーショップで繰り広げる会話、主婦同士で話す世間話、女の子同士での異性に関する会話等多岐にわたるものです。 そしてこれらの会話というのが私の中では一番理解するのが難しい部類の英会話になってしまいます。

というのも例えば日本の高校生同士の会話で「あー、次の中間試験マジかったりー、真剣ばっくれてーよ。 でも先生が超ウゼーからちょっくら勉強すっかな」なんていう言葉は日常的な高校生の愚痴ですね(笑) 別に不良じゃなくても口にする日常的な言葉、すなわち会話の一部です。 

これを日本語を真剣に勉強している外国人が一度で聞いてわかる内容でしょうか? かったりーとか、ばっくれたいとか、~すっかななんていう言葉は間違いなく外国人が日本語の取得過程で最初の方で学ぶ言葉ではないですよね。 中級、上級レベルになって初めて意味がわかる内容ではないでしょうか?


上記の例のように人々の日常的に話す会話には辞書では調べられないような言葉がたくさんでてきます。英語習得の過程においてもこういった会話の取得が一番難しく、かえってニュースのようなお堅い言葉の方が私達にとってわかりやすいものになっています。

映画の会話内容が字幕無しで完全に理解できるようになることを目標に英語学習に取りくまれている方もいらっしゃると思いますが、内容にもよると思いますが例えば学園ものの映画で登場人物が話す言葉というのはその時代を象徴したものになっていると思いますから、その時代の学生の日常会話というものになっていると思います。

こういう映画での登場人物の会話が一番難しいような気がしますね。ただ中でも私の好きなアメリカンパイシリーズはまだわかりやすい英語を喋っている気がしました。一度また見てみて下さい。

英語学習においては日常会話の内容を理解する、喋ることが一番私達にとって難しい気がします。だから「私は日常会話は喋れます」というのを聞く度になにか違和感が残りますね。 自信を持って「私は日常会話は喋れます」と言えるようになりたいものです。








大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村










このエントリーをはてなブックマークに追加

英語ができると女性にモテる?


僕のブログは割とシリアスな内容が多いのでたまには楽しい話題を!


英語ができると女性からモテるのか?  かなり浮ついた問いかけで申し訳ないですか考えたことありませんでしょうか?(笑)

おそらくこれは中学、高校等の学生時代には当てはまらないでしょうね。 この時期に女性に人気がある男性というのはルックスが良い、おもしろい、そして運動神経が良い人に限定されますね。

ただ社会人となるとどうでしょう? 英語力というのはビジネスマンのスキルで大切な要素の一つですし、これから日本の企業がグローバルな分野で活動していく為にも英語というのはどうしても必要なスキルの一つになってきます。

そうなってくると英語ができる人というのはなにかと一目置かれる存在になります。あまり英語が得意な人がいない企業の中では尚更でしょう。

そこでさらっと英語が出来ることがかっこいいと思われたり、女性にも受けがいいのでは?ということにならないでしょうか?(笑)

しかも今は社会人でスキルアップの為にTOEICに挑戦する方の多いこと! 英語の資格といえばTOEIC!みたいに今はなっているので、ここでハイスコアが取れれば周りから一目置かれ異性にも注目されるかもしれません。

こんなサイトもありましたよ!


好きな人が持っていて欲しい資格ランキング


このランキングでも英語の資格が1位ですね! やはり英語の資格が持っていることが一つのステータスになっているようです。

ただ英語ができるからじゃあ異性に人気がある、というのは少し違うかもしれません。 例えばルックスが良いという要素ほど大きいものではないかもしれません。 あくまで英語ができるというのはプラスアルファ要素なのでしょう。


ただあくまでプラスアルファ要素ではありますが、TOEICや英検等の資格を取る、または業務の中で英語ができることを見せる等で回りに認知され、名前を覚えてもらえるというのは大いにプラス要素だと思います。。 

そこで例えば女性の方から英語わからないからちょっと教えて~なんて言ってもらえるかもしれませんし、そうなれば知り合うきっかけになりますよね。

男女関係において互いが知り合うきっかけがないとなにもはじまりません。そのきっかけを自分が英語ができることによって生むことができるというのは良いことのような気がします。

私も実は入社直後に仕事中に英語を喋る機会があり、その関係で全く話したこともない女性から「~さんって英語がすごくできるんですってね!」と急に話しかけられたこともありましたよ。 

残念ながらその方はもうご結婚されている方でしたが、でもちょっと英語勉強していてよかったなと思いました(笑)

英語ができる、だから女性に持てる、という風にはならないでしょうが女性と接点を持つきっかけにはなりうるのではないでしょうか? そこから先は腕次第ということになりますね(笑) 頑張りましょう~~!








大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村







このエントリーをはてなブックマークに追加

英検1級で覚える難易度の高い英単語は実用性が高くないのであまり覚えても意味がないか?


英検1級の難易度を高いものにしている要素に習得しなければいけない英単語数が挙げられますが、たまに耳にするには「英検1級の単語は難しすぎる、覚えても実生活にはあまり使わないので意味はない」ということです。 

私の周りにもこういう人がたまにいました。

確かに私も英検1級の学習中に、「こんな単語覚えても意味あるのかな? 実生活で使ったりするんだろうか?」という疑問をよく英単語帳を眺めながら思っていたものでした。

ただ私が最近感じるのは、少なくとも仕事の中では英検1級勉強時代に習得した単語はたまに出てきて、意味を知っていてよかったと思うことが多々あったということです。

私の今の業務の中では海外の拠点の方とコンタクトする機会があり、メールでの文章、送付されてくるデータももちろん英語なのですが、 その中にたまに英検1級学習時に学んだ英単語が散見されることがあって、例えばredundantとか、その他いろいろ懐かしい単語をみることがあります。

それらの単語の意味がわからない人にとっては一度辞書で調べたりしないといけないので、その作業自体が結構手間に感じる人もいる中で、その単語を見ただけで意味がわかるというのはなにかとアドバンテージですよね。 

上司に「これなんていう意味?」なんて聞かれてパッと答えることができると上司もおおって思うかもしれませんし。(笑)

上記のケース以外でも急に通訳をやってくれと言われた時にも習得語彙力が高いほうが相手がふと難しい単語を使った時に対応できる可能性が高くなりますし、「今の単語どういう意味ですか?」っていうふうに聞いても場合によっては大丈夫だとは思いますが、そうなると「この人大丈夫かなあ」なんて思われてしまので、やはり習得英単語数が大いに越したことはないです。

私も何度か海外拠点の方が来た時に同時通訳をやったことがありますが、やっている中で「ああ、英検1級の単語の勉強やっててよかったな」と思うこともありました。

結論からいって、英検1級レベルの英単語の知識は英語を喋る外国人とコミュニケーションを取る時に必ずしも必須の知識ではないと思います。 

ただ知っておくことで、メール、言葉でのコミュニケーションで普通の英語が出来る人とは違いを見せることができると思います。 

その違いを見せれることで相手に「この人は英語を勉強してるんだな」と思わすことができれば、相手の自分に対する印象もよくなり、自分の評価UPに繋がる可能性もありますね。

英検1級、ビジネスマンにも必須になる時代がくるのでしょうかね?






大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村





NEXT≫
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。