このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

語学力をフルに生かせそうな求人探し・・・・・ TOEICは基準にしやすい


今何件か求人が来ている中で英語が存分に生かせそうな職場はどこかなと探していますが、求人内容だけでそれを判断するのは難しいですよね。


求人の募集内容にTOEICの点数を条件としている企業が多いと思いますが、その募集の基準としている点数が高い程英語を使用する頻度が高いと考えてもよいかもしれません。


私が頂いた求人ではTOEIC400点が基準のものもあれば800点が基準のものもありました。


こうみると単純にはTOEICの基準点を高く設定している企業の方がなんとなく英語を使う頻度が高そうですよね。


では逆に400点と設定している企業ではあまり英語を使う頻度は低そうですよね。 たまに海外拠点とのやり取りがあるからいざという時は対応してね、みたいな雰囲気がします。


700、800点くらいだとなんとなく海外とのやり取りが多く発生するのかなというイメージです。



後、英語が日常的に使えそうな企業の見分け方としては、大手企業の場合、なんとなく英語を生かせそうなイメージは私はもってしまうのですがおそらくこれよりも、職務内容、TOEICの基準点等で判断した方が確実ですよね。


日本の企業がTOEICで社員の英語力を図ろうとすることには英語をどれだけ職場で使えそうかを測れるというメリットがあるのですね。





スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動  視野を広げてみて



転職活動のことですが、最近御世話になっているJACリクルートメントの方と電話で話す機会があり、今までは金融業界一本という風に求人を紹介してもらうようにしていましたが、 今のご時勢なかなか金融業界への転職は難しいということだったので、いろいろ話した結果、私が今行なっている原価管理等に関連する職種、部品調達や後は英語力を行かせる海外営業の職種にも目を向けていくという方向性になりました。


すると私の専属コンサルタントの方以外の方からも求人紹介がくるようになり、ここ最近では20件近くの求人情報を頂きました。



その中には今私は自動車部品のサプライヤー会社で働いてますが、自動車メーカーも何社かあったので早速応募させて頂きました。


中には外資系企業なので英文の履歴書を書かないといけない企業もありましたが、いずれはそういう外資系企業でも働いてみたいと思っているので、非常に良い経験になりました。


英語を生かせるような職場が良いということでいろいろ企業を紹介して頂いたのですが、やはり日常的に英語が使用できそうなところが良いですね。

せっかく今までこうやって地道に勉強続けてきたんで、使えなかったら悲しいですね。



たくさん求人は紹介して頂けますが、英語力をフルに生かせるような企業に行く為にも転職先は慎重に選んでいきたいと思います




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

国連英検も試験問題が持ち帰れるようになりました!


先日私がいつもよく見させて頂いている土佐犬さんのブログを拝見させて頂いた時に非常におもしろいことを土佐犬さんが紹介してくれていました。


内容は国連英検が試験のシステムを変えるというもので、具体的な内容としては試験問題を受験後に持ち帰ることができるようになったということと、試験の解答が試験翌日に公表されるようになるというものです。


形式的には英検にすごく近くなりましたよね。 というか試験解答が次の日に速報というのが受験者の方達にとっては嬉しいのではないでしょうか。


前までは基本的には国連英検は試験の1カ月後にようやく1次試験、2次試験の結果がわかるという流れだったので(2次試験はもう少し早く結果が来ますが)、私はこの1カ月間の間が非常に長く感じられたものでした。



特に試験後の3~4週間後くらいいになってくると、もう試験の結果が気になって仕方がなくなり、良くないのですが仕事中にこっそりインターネットで国連英検のHPをチェックしては試験結果が発送されてないか確認してましたね w


そして家に帰ってメールボックスが空だと非常に落ち込んでました。そしてこんな日が何日か続くのです


でも今回の変更で、試験用紙に自分の解答をマークしとけば、英作文抜きの自分の点数は翌日にはわかるようになるので、 自分の点数はこれくらいだろうとある程度目安をつけることができるようになるので、今年受験される方々が少し羨ましいですね。



問題用紙も持ち帰れるようになりまた対策等もしやすくなるので、これを機にまた国連英検の受験者が増えていくのを祈るばかりです。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村






このエントリーをはてなブックマークに追加

英字新聞リーディングの落とし穴



英字新聞等をずっと読んでいるとなにか自分がすごく英語ができるようになった気分になりませんか?


私はなってましたw というか今もそういう錯覚に陥ることがあります。


これは実は難関の英語検定試験合格を目標に新聞等を読んでいる方には落とし穴になる危険があります。


本当に英語力が上がっているケースももちろんありますが、一番危険なのが英字新聞を読んでいるからと例えば英検1級や国連英検特A級の長文がすらすら読めるようになっているのではと勘違いすることです。


恥ずかしながら私もこれでしたw


英字新聞の記事というのは確かに扱う内容によっては難解な記事もありますし、読めれば力がつくものもあります。


ただ英検1級や特に国連英検特A級で出題される英文は普段私達が英字新聞で目を通すであろう記事、例えば国内外の政治、経済を扱う記事よりも読みにくい、難しいものが多いと思います。


確かにJapan Timesでは社説の記事は割りと難解な記事もありますが、ただ国内の政治等を扱う記事は読み慣れてくればさらっと読めるようになります。


これで気をよくしてしまうと危険ですよね



大切なことは、難易度の高い英語検定試験程、過去問、対策本でどういう英文が出題されるかを掴んでおくことだと思います。


ただ普段から英語に慣れておくという意味、そして総合的に英語力をあげていくということでは英字新聞等のリーディングは大切なことなので絶対に続けたほうが良いですね。


過信は禁物ですね。



大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村







このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災から1年


あの東日本大震災から今日でちょうど1年が経ちましたね。 本当に月日が経つのは早いです。

今日は図書館でJapan Timesを読んでいたのですが、記事はほとんどが東日本大震災に関する記事で表紙は全部の記事が地震関連のものでした。

今日のJapan Timesは全部で22ページあったのですが、8ページ程は地震関係の内容を取り扱った記事で国際のページでも原子力関連の記事が書かれていました。

日本はもちろんのこと世界でもこの東日本大震災は大きいトピックなのだと改めて感じましたね。

今日読んだ記事はほぼ全部そういう地震関連の記事で、1年たってもなかなか東北完全復興へはまだ時間がかかること、自分の子供達を亡くした両親のことについて書いていた記事等を読んでいて本当に悲しい気持ちになりました。


実際にこの地震を体験された方々の悲しみというのは私等が感じられるものではないほど大きいものでしょうから、一日でも早く被災された方々が元の生活に戻れることをお祈り致します。


今日は私が週末はいつも利用している図書館でも午後2時46分に館内放送があり、被災地に向けての黙祷をしましょうというアナウンスがあったので立ちあがって黙祷をしました。

この地震で亡くなった方達の為にも日本人全員がこの地震を今後一致団結してよりよい日本にしていく為のきっかけとしていかないといけない、 そう思いました。




NEXT≫
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。