このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年一年お疲れ様でした!

今年も今日でとうとう終わりますね。  皆さま本当にお疲れ様でした!!


3月11日の東日本大震災等もあり、ひとそれぞれいろんなことがあった2011年だったと思うのですが私にとっても大きな一年でした。


特にこの1年は英語学習に力を入れ、今年最初の初詣では「国連英検特A級を取得できますように」というお願いをしての一年のスタートでした。


そして今になって振り返ってみると、まずは7月に国連英検A級に合格、そしてTOEICも初の900点台を突破でき、そして12月には国連英検特A級の一次試験に合格することができました。

そして今は先日大阪で受験した2次試験の結果待ちという状態なのですが、今まさにこの状況は今年の年始に私がこうなったら良いなと連想したものと同じものが実現していることになります。


本当に今までの26年間の人生でここまで年始に心に決めたことが年末に実現したことはなかったです。


自分でいうのもなんですが、これはやはり自分が日々コツコツと積み上げた結果なんだなと思います。


毎朝5時半に起きて、1時間半ー2時間英字新聞を読むということを今年の2月から徹底してやったことの結果だと思います。 


さすがに前日に酒を飲みすぎた日(笑)、そして風邪をひいてしまった日には5時半には起きれませんでしたが、それ以外の日にはちゃんと11月の半ばまでは起きていました。


早起きは三文の得とは本当だなと実感しました。



ただ、こうやって11月くらいまでは緊張感をもって特A級合格にむけて準備ができていたのですが、1次試験合格の通知を受けとった後に少し気が緩んでしまったのが非常に悔いが残ります。


自分としても特A級に一発合格したいという気持ちは強かったですし、しっかり準備しようと思っていましたが、なぜか以前のように朝の5時半には起きれず6時半に起きてしまったりと、やはり気が緩んでいました。


目標としては特A級合格ということを心に刻んでましたが、今まで私の人生を振り返ってみると成功体験というものがあまりなかったので、逆に今年のように物事が上手く進んでしまったことにどこかで満足感が出てしまったのだと思います


ただ、自分の中でも努力を積み重ねれば、結果が必ずついてくるということを今年実感することができたので、来年以降はまた更に大きな目標に向かって気を緩ますことなく頑張っていけるような気がします。


収穫も、課題もあった一年でしたが、それをまた来年以降の糧にしていければと思います。


今日はとりあえずゆっくりしたいですね!  お酒でも飲んで皆さまものんびりしましょう!



大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

金融業界への転職の難しさ

先日、キャリアコンサルタントの方と転職に関する相談をしていた時に、自分の金融業界への転職希望というのを伝えました。



世間知らずの私の希望としては、金融業界に転職して、ファイナンシャルアドバイサー等の業務で経験を積んだ後に、国際金融部等の部に入り、国際金融マーケットの分析業務等に携わりたいというもので、それをそのままキャリアコンサルタントの方に伝えました。


その時に言われたのが、そもそも国際金融部のような市場分析に携わるようなアナリスト的な職種、そしてディーラーというのは金融業界でも花形の部署で、世間に名の通った有名大学からの新卒採用、または外資系コンサルからの転職くらいしか入る道はないということでした。



しかも、その外資系コンサルに入る為には東大、京大等の有名大学出身であることが必須のようで、結局金融関係の花形業務につきたいのであればやはり卒業大学のランクがかなり大きなウエイトを占めるそうです。


それならばと今から海外の大学院でそれこそ全米トップ10クラスの大学の大学院でMBAなりとって帰国すればチャンスはあるのですかと聞きましたが、それでも無理に等しいということでした。


一重にMBAといってもなんでそれを取らないといけないのかということを自分で理解していないといけないようですね。(経営学を学んで経営企画部に入りたい等)


今の時代は本当に就職難のようで、聞いた話だと東大出で全米トップ10の大学院のMBAを取った人ですら、某大手化粧品会社に転職できなかったようです。


東大出でMBA取得者ってそれ以上上となるとなかなかいない気もしますが、この話を聞いて本当に転職する難しさというものを知りました。


とりあえず、現実は受け止めて、金融業界でアナリスト、トレーダーになるという目標は今は捨てました。


正直かっこいいなということでやってみたいと思っていただけだったので、そこまで意味消沈することはなかったです。


ただ安易に海外の大学院留学というものを考えない方が良いということはわかりました。 


日本の企業はその2年間という期間をブランクとして捉えるようなので、転職をする中でそこまでプラスに働くことはないとのことでした。


あくまで私を担当して頂いたキャリアコンサルタントの方の言っていたことなので、その人の見解が絶対正しいということはないと思うのですが、筋は通っていると思います。


今後も少しずつ転職活動を続けて生きたいです。





大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村






このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリアコンサルタントとの面接

先日、DODAの名古屋社にキャリアカウンセリングを受けに行ってきました。


JR名古屋駅のスカイタワーの46階になって、かなりおしゃれな感じのオフィスでした。


そしてカウンセラーの方が迎えに来てくださり、夜の8時頃から面接をして頂きました。


面接の内容としては、

1、学生時代にどういった勉強をしていたか、

2、なんで今の職業についたか、

3、なぜ転職したいか


という一般的な質問から


4、今はどういう仕事をしているか


5、今行なっている仕事での課題と、その課題をどのように乗り越えようとしたのか


6、どういう仕事をやっていた時に一番達成感を感じたか?


7、あなたの今やっている仕事がすることによってどういう効果が期待できるか? (作業工数削減等)



4-7番ははじめて聞かれるような質問で、なかなか上手く答えることができなかったです。なので日頃から自分の業務の問題点を認識しながら仕事をすることは大切なのだなとつくずく感じました。



そういう現状の業務の問題点を認識して、それを解決できる人というのは、どの企業に行っても重宝されるというのを特に強調して言われていました。


やはりただ語学力があるだけではダメなのですね。


私もまだ若いので(今年で26歳)、まだポテンシャル採用という感じで企業はとってくれるのかなと感じ、では語学力なりのスペシャリティがあれば、すんなり転職ができるのかなと思っていましたが、大甘でした。


コンサルタントの方がおっしゃっていたのは、語学力なりを武器に転職ができないでもないが、そうなると私が今働いている企業よりもランクは落ちてしまうケースが多い、ということを言っていましたね。


なんだかんだで私が今働いている企業はそこそこ大きい会社なので、そこで仕事で成果を挙げてから、他のもっと大きい企業に行くのが良いのではないか、ということをアドバイスして頂きました。


後アドバイスして頂いたのが、もっとなんで転職したいのかというのを明確にした方がよいということでした。


私の転職理由を伝えると、それは今の会社でもできることではありませんか?というようにいわれてしまうことが多かったですね。


例えば英語を日常的に使いたい職場にいきたいだとか、海外で働きやすい会社にいきたいとか、そういった強い理由がないのですか? ということでした。


私は確かに金融業界にいきたいという憧れはありましたが、それはあくまでなかなか叶わない夢であってこれを言われた時に、地に足がついていなかったなと感じました。


結構いろいろズバズバいって頂きましたが、どれもが当たっていることばかりで、ほんとに相談してみてよかったなと感じました。  



今回言われたことを今後の転職活動でも生かしていきたいと思います。





大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年最後の英語試験 TOEIC

今日、自分の会社で今年度最後のTOEIC試験を受けてきました。


出来はそこそこだと思いますね。  リスニングはいまいちだったけどリーディングは結構いい感じだったような気がします。


いつもそういって大抵リスニングの点数が思ったよりよくて、反対にリーディングが思ったよりよくないというケースが今まではほとんどです。


今回こそはリーディングでも少なくとも450以上はとりたいですね。 それでリスニングが前回と同じくらいあればベストスコアですが、多分リスニングはそこまでよくないですね。 460くらいな気がします。


僕の最高スコアは925点なので、今回は950点くらい超えたかったのですが、ちょっと難しいでしょうね。 


リスニングが950取るには鬼門になりそうです。


まあ今年いろいろ受けた英語関連の資格試験の締めくくりが今日だったので、終わった瞬間にドッと疲れが来ましたねw  


朝の9時から11時15分くらいまで試験だったのですが、 その後は午前中の仕事は全く手に付きませんでした。


ボーっとしてしまいましたね。


まあそれくらい気がはっていたのでしょうね。 


まあ今年最後の試験が終わったので、残りはゆっくりしたいと思います。  



大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

国連英検特A級2次試験 in 大阪

先日、国連英検特A級の2次試験を大阪の大阪学院大学で受けてきました。


率直な感想を言うと、おそらく落ちてしまった感じがします



そんなに難しい質問をされたというわけではないのですが、こういう質問をされるだろうと予測していた質問に対して自分でしっかりと準備をしていなかった、ということだったと思います。


聞かれたことを下記に記します。



① 自分のこと


  1、サッカーが好きだというが、このことについて話を聞かせてください


  2、 海外滞在経験が多いですが、これはどういう理由で行かれたのですか?




ここからが国連関連



  1、現在の国連の加盟国数は?

  2、安保理の加盟国数は?


  3、今世界の政治で特に何に興味があるか?


  4、 パレスチナーイスラエル問題について国連ができることは何か?


  5、 なぜアメリカは安保理でパレスチナの加盟に対して、拒否権を行使するのか?


  6、 国連として地球温暖化について出すべき法案はどういうものか?


  7、 なぜArab Springのに興味をもったのか?


  8、最後になにか言いたいことは?





私の解答は


1、194 →  間違い  答えは193でしたね


2、 15 →  初めに16と答えてしまいましたがなんとか修正しました。


3、TPPです。 私はこの条約に日本が参加すべきとご考えています。 農家は大打撃をくらってしまうでしょうが、日本の車等の工業製品には利益をもたらす可能性が高いからです。 農業としても外国に日本の質の高い農作物を外国に知ってもらう良い機会なので、短期的にみれば日本の農家に不利ですが、長期的に考えれば日本の農家にとっても良い機会だと思います。 

はじめにまず、日本でこのTPPに参加すべきか否かの議論がありますが、という始めり方がベターでした。それと政府の協力のもとに農業改革を行って今よりももっと安く、効率的に米等を作れるようにしたほうがよいとかも付け加えるべきでした。




4、先日パレスチナが国連のメンバーへの加盟国要請をしたが、おそらくこれは安保理でアメリカによって拒否権を行使されてしまうので上手くいかないだろう。  ただこれでもその後に総会に行き、そこで3分2の票を得られれば、non-menber stateになることができる。   そうなれば、今後イスラエルがwest Bank地方への違法のユダヤ人専用住宅地の建設等を行った時等は、国際裁判所にその行為を訴えることができる。 そういうことができればパレスチナの国としての威厳が上がり、今後イスラエルとも交渉を行っていけるかもしれない。 だからnonmember-state の地位を認めることが大切だ。


 最後の結論の部分は言ってない可能性が高いですね  もう交渉を行っていけるからよい!っていう風に終わっていた気がします笑  質問に対する答えになっていませんよね



5、アメリカはイスラエルとは良い関係を築いているからだ。 イスラエルの軍隊の訓練等もしていたし


→ ここはもうイスラエルとアメリカは仲が良いということしかいえませんでした。 もっと勉強しなくてはいけないとこでした。




6   先日南アフリカで行われた地球温暖化への対策会議で、京都議定書の内容の延長、そしてすべての国が二酸化炭素排出の削減をしなくてはいなない決議をだした。 すべての国に当てはまる法案を作ったことは良いことだ。

→ これも質問に対する答えになっていません  まだ発展途上国も削減義務を負わないといけない法案を作った方が良いといった方がマシでしたね。




7、 私達、例えば今日本にある民主主義を実現することは本当に難しいのだなということを悟ったからだ。

  今、エジプト、リビア、チュニジアでは独裁政権を追放することに反対勢力は成功したが、いまだ政情は安定していない。 特にエジプトでは軍事政権が今だに国をコントロールしようとし、それが原因で争いが起きている。 しかも今各地で選挙が行われているが、他をリードしているのは大抵イスラム原理主義者のグループだ。
彼らが将来的にテロリストグループになる、または手を組む可能性もないこともないので、今後とも注意していく必要がある。

→ これは今までの質問に比べたらまだマシに答えることができたのかなと思います。 ただイスラム原理主義者は危険な要素もあるが、貧しい人達に対しての援助を行っており、そいういうことも支持をえている要因だろうということも言ってもよかったでしょうね。



8、国連の安保理の拒否権は廃止すべきだと思う。 10月に国連がシリアに対して制裁を与えようとした時も、中国とロシアが拒否権を行使したことによって、否決されてしまった。世界がとるべき行動をこういう形で止められてしまうのは良くないのでやめるべきだ。

→ いきなり何を言い出すんだろうと思われたでしょうかね笑  そしてこの質問をされる前に、なんでも話したいことを話してといわれたので、「何かこちらから質問してもいいですか?」と聞いてしまいました笑


しかもCan I で・・・・・ May Iと聞くべきでした。本当に。




まあ私の面接内容はこんな感じでした。  長々と申し訳ありませんでした。


まあ落ちていてもこちらがちゃんと日頃から準備していればそこそこ質問には答えられるということはわかったので、後はもう準備をするだけですね。


後、今回私は 興味をもっていることに、TPP, アラブスプリング、パレスチナと書いたのですが、見事全部聞かれましたねw  こういうこともあるのだなと思いました。


もうちょっとちゃんと準備しとけよかったな、  そう強く思った2次試験でした。





大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
NEXT≫
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。