このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動の初面接の結果

先日この間うけたネット証券会社の面接結果がDODAからメールで返ってきました。


結果は不合格でした


うーん、面接後は結構手応えがあったので、結果にはショックでしたね。


今回募集の職種は総合職で、いろいろな部署を回りながらさまざまな業務経験が積めそうだったし、そしてなにしろ未経験者歓迎の上に語学ができる人は尚歓迎という募集要項だったので、その企業に落ちたとわかった時はこの先どうやって転職活動を進めていけばよいの一瞬わからなくなりましたね。


私の面接での受け答えがダメだったのか、はたまた私等よりもはるかに優秀な人がたくさん応募していたのか、落ちた理由はいまとなっては不明ですがやはり今の金融業界の状況を考えても今回受けた企業に落ちたというのは結構応えました。

ただここで諦めてしまってもしょうがないし、求人はすくないとはいえまだ金融業界への道が途絶えてしまったわけではありません。


最近リクナビの方で大和証券さんが第2新卒の募集をしていたので、大学卒業から3年以内という条件が気になりますが、また応募してみようかなと思います。


野村證券さんも先日までファイナンシャルアドバイザーの職種を募集していたので、あまり多くはないですが求人はあるので今後も転職活動続けていきたいと思います。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動開始後の初面接

先日転職活動を始めて最初の面接に行って参りました。


その会社は東京の渋谷駅から近くにあったのでそこまでいってきました。


5年振りの渋谷でしたが、相変わらずおしゃれな町ですねw


それはいいとして、5時頃から面接が開始されました。



その会社は私服OKの会社なので、面接官は女性一人と男性一人でしたが二人とも私服でした。


一番最初に聞かれた質問はまず自分はアメリカで留学してたのでそこで何を勉強したのかということでした。


そに当時はパイロットを目指していたので航空学を学んでいたということをいうと、じゃあなんで今製造業で働いている?ということを聞かれました。


大学4年の就職活動の時に航空会社の自社養成試験を受けたが落ちたので諦めた、というようなことを言うと、パイロットの採用試験はどんな内容なのか?ということを聞かれたので、その試験内容を伝えました。


最初の質問はちょっと意外な感じでしたが、ここからは普通の中途採用担当者が聞く典型的な質問が続きました。

聞かれた内容をまとめると

1、転職理由

2、TOEICが900点以上だが、実際の業務ではどれくらい使っているのか?

3、この会社に入ったとして何を求めるか?

4、転職理由で述べた転職理由以外の志望動機

5、(ネット証券だったので) 株はやったことがあるか?

6、今の会社ではどういう仕事を行なっているか?

7、(愛知県に住んでいるので) 愛知県はいいところか?

8、今の会社では自分のやりたいことが本当にできないのか?

9、この会社でどういう仕事をやっていきたいか?

10、健康状態は良いか?

11、入社可能次期はいつ頃か?

12、希望年収は?



主に聞かれた内容は上記の内容です。



後、国連英検ってなんですか?って聞かれましたw  やっぱり知名度ないなあと思いましたね。


全体的には雰囲気はよくできたので、 感触はそこそこかなあという感じです。


また結果が出た時は報告させて頂きます。 




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!



英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

英検1級取得者のイメージ

英検1級持ってる人ってどういうイメージがありますか?


確か私が小学校ー中学校の時の塾の先生は英検1級を保持していて、さぞかし英語もぺらぺらとしゃべるのだろうというイメージがありました。


英検1級をもっている人はとにかく英語の達人! っていう風に思っていましたね。


ただこうやっていざ自分が英検1級を取ってみると、必ずしも英検1級保持者が英語の達人ではないというのがわかりますね。


本当に達人の人もなかにはいるんでしょうね。


例えば帰国子女で受験対策等全くせずに1級にさらっと合格してしまう人はもうぺらぺらでしょうね。


ただ英検1級保持者にも全くもってぺらぺらではない人もいます


僕みたいに対策をしっかりして(特に単語)、過去問等で問題の傾向を捉え、何度も不合格になりながらも最終的には合格する人です。


こういう形で英検1級をとっている人はある程度の英語力はありますが、決して俗にいう英語ぺらぺらな人ではないでしょうね。


私は実は恥ずかしながら一応帰国子女なのです(笑)。 ただ日本人学校に通っていた為、日常的に英語をしゃべっていなかったので、日本に帰ってきた時は全くぺらぺらではなかったです(英検3級をもっていた程度です)


こう考えると、英検1級保持者とはいってもそれぞれの合格者の英語力というのはかなり違ってくると思います。


ですので、私が子供の時にもっていたイメージ、そして一般的な英検1級保持者のイメージというのは必ずしも正しいというわけではないでしょうね。





大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに100記事に到達!

昨日ふと今まででどれくらいこのブログに記事を書いてきたのかなと数をチェックしていたのですが、なんと昨日の記事で100記事に到達していました!


昨年の12月から「英語学習楽しゅういこうぜ」というタイトルのもとに自分の今までの英語との関わりを英検、関西外大時の交換留学の経験を元にいろいろ記事をかかせて頂き、最近では国連英検特A級受験に至るまでの過程等も書かせて頂きました。


始めたばかりのころはなかなか皆さまに見て頂く機会も少なかったですが、段々ブログを更新していくうちに私のブログを見に来てくれる方も少しずつ増えてきて、とても嬉しいですし感謝もしています。


私のブログを読んで参考になったなと読んで頂いた方々に感じて頂けたら本当に嬉しいですし、これからももっと英語学習に興味のある方々、英検、TOEIC、国連英検等の検定試験にチャレンジされている方々、そしてまた私の母校の関西外大生にも為になる記事を書いていけたらなと思います。


今後のブログの内容に関しては、国連英検特A級受験転職活動等がメインになってくると思います。


先日受けた1次試験に合格していれば良いですが・・・・、70%の可能性で落ちていると思うのでまた合格するまでの過程を書いていきたいと思います。



転職活動は今週初めての面接試験を迎えます。 私の強みはやっぱり英語力しかないのでそれが転職活動でどこまで生かせるのかというのも書いていきたいと思います。


これからもどんど更新していくので、皆さま今後ともよろしくお願いいたします!




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめのプライベートオファー

先日リクナビNEXTの方で初めてプライベートオファーが来ました。



リクナビNEXTの中のスカウト機能で3つのオファー形式があり、プライベートオファーはその中でも企業の自分に対する興味が高いものといえるでしょう。


実際私にオファーをくれた企業は自動車、輸送機器部品メーカーでその営業職にという内容でした。


オファーを確認してみると、オープンオファーや興味通知オファーとはまた違って、送ってくれた方の写真付きでのメールだったので少し驚きましたね。



私にプライベートオファーを送ってくれた理由は、おそらく今の私の会社が自動車サプライヤー会社の中でもそこそこの大手企業で、カーメーカーとの直接の営業経験はないものの、その営業活動を支える仕事をやっていたことを評価されたのかなと思いました。


おそらく英語力での評価ではないのだなと思いました。  英語の英の字もオファーの中にはありませんでしたからねw


そう考えると、私みたいな営業の補佐的な良く言えば縁の下の力持ち、悪く言えば雑用的な地味な仕事をやっているものでも、そんなに大きな企業でなければこうやってプライベートオファーがくるのだなと感じました


ただ私の望む転職先の業界はあくまで金融関係ですので、今回のプライベートオファーは辞退しました。


プライベートオファーにはちゃんと面接を受けるか、このオファーを辞退するのかというのを選ぶタブがメールの中にあり、辞退するをクリックした後は企業の返信用によければ辞退した理由も教えてほしいということでメッセージを書く欄もありました。


ただ他にこのプライベートオファーについて書いてくれていたサイトをいくつか見たのですが、このオファーが来たからといって採用前提の面接を行うというわけではないようですね。


あくまで面接にきてほしい人を選別しているのであって、その面接から本格的に選考していくといったもののようです。

プライベートオファーという名前ですからあたかももう是非うちに来てください的な匂いを感じてしまいますがそうではないということですね。


私みたいなものにもこうやってきたので、優秀な方にはもっとたくさんきてるんだろうなと思いました。


ただ決してもらって悪いオファーではないので、またこういうオファーをもらえたらよいなと思いました。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村







NEXT≫
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。