このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

就職活動時に評価されるTOEICスコア

現在の就職、転職活動ではやはり英語の力をアピールするのに一番良い方法はやはりTOEICでハイスコアを取るというのがなんだかんだで一番良い方法なのかなと感じます。


その中で大体どれくらいのスコアを取得すれば評価してもらえるかというのは企業によってマチマチだと思うのですが、大体私の就職活動、そして実際に職場に入ってみて感じたのは、やはり700点以上を取得すると英語が出来ると評価してもらえるケースが多いと思います。


私が就職活動をしていた時のTOEICスコアは800点で、その時は面接を受けているときの印象だと面接官に英語ができる人だと評価されていると感じました。


特に航空系のパイロットの自社養成の試験を受けた時に評価されたことを覚えています。


今の職場は自動車機器のサプライヤーなのですが、割とうちの会社は海外にもよく事業展開をしていて、職場にも英語のできる人が多いのですが、TOEIC800点あれば英語ができる人だと認識される印象ですね。




ただうちの会社で海外出向する時に求められるTOEICのスコアは600点です。


果たしてこれくらいのスコアの人が海外で現地の人と上手くコミュニケーションがとれるのかは不明ですが、一応こういう基準が存在します。


その他の会社でもこれくらいのTOEICスコアで海外出向という基準があるそうですが、聞くところによると大手企業でも700点くらいだと聞いています。

そう考えると韓国のサムスン等は新入社員にはTOEIC900点以上を求めるなど基準が高いなと感じます。


結論からいうと、今の日本社会ではTOEIC700-800点あると英語力として評価されると思います


ただやはり英語力だけで採用というのは難しいと思うので、その他のスキルも同様につけておかないといけないでしょうね。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

英検 OR TOEIC  パート2

TOEICは基本的にリスニング、リーディングしか英語の力を測定することはできませんが、英検は3級から2級まではリスニング、リーディングに加えて英語面接があります。

そして、準1級からはライティングの問題もあり、リーディング、リスニング、会話能力と4つの技能を測ることができます。


そう考えれば、私のイメージでは留学等海外での生活経験のない人で、TOEICで良いスコアを取ろうと対し700-800点くらいのスコアを取る人と、同じような境遇の人で英検準1級を取得した人では、おそらく後者の方が英語の総合力は高そうなイメージがあります。

いかにTOEICの問題がビジネスライクとはいえ、英会話の試験がないのですから、たとえその人がTOEICで700点以上のスコアをとっても、実際にどれだけ英語が使えるかは未知数です。


下手をすれば英検2級くらいの人のほうが実際の現場では上手くコミュニケーションがとれるかもしれません。


聞いたところによると、英検よりもTOEICが人気が出てきた背景としては英検取得者があまり実際のビジネスの現場では英語が使えないということがわかってきたからみたいな感じだったと思うのですが、それは英検何級くらいの取得者のことをいっているのかがよくわかりませんね。

その例えば英検準1級くらい取得してる人々がそういう状況であればそれは問題かもしれませんが、そうではないケースの方が多分多いんだと思います。

私個人の意見としてはTOEICでいいスコアを取得しようと躍起になるよりも、英検の準1級以降を取得しようとする方が英語力を総合的に高めるためには良いと思います。


ただ就職、転職ということになるとTOEICのスコアで英語力を評価することになれてしまった日本社会では英検だけでは難しいので、TOEICも一応良いスコアを取得しておいたほうが良いでしょうね。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

英検 OR TOEIC??  パート1

この疑問は最近よく英語学習者の間では話題に上がるのではないでしょうか?


そもそもTOEICが世に出始めて、英検よりももてはやされるようになったのは私の感覚だと2005年くらいだったと思います。


そして今では就職、転職には英検よりもTOEICのスコアが高いと有利!みたいな話もよく聞きます。

英語があまりできない人でも英検はあまり興味ないけど、TOEICのハイスコアにはやたら敏感に反応する人もよくいます。

実際にそうやって皆がTOEICで良い点を取る為に英語を必死に勉強して、それで日本人の全体的な英語力が上がっていくのであればそれは素晴らしいと思います。


ただあまりにもTOEICがもてはやされるので、なにかこう変な違った方向に進んでいかないものかと少し複雑な気持ちになったりもします。


世の中にはTOEIC700点以上とれる人はある程度英語ができる、800点以上取る人は英語学習のかなりの上級者で、900点以上取る人はもうネイティブ並の英語力があるなんていうことを言う人もいますが、これは果たして正しいでしょうか?


そもそも普通のTOEICではリスニング能力と、リーディング力しか評価されませんので、その人の会話能力とか書く能力がどれほどのものなのかというのは、未知数です。


おそらくTOEICで900点以上をさらっと取れる人は、会話が実はすごく苦手というようなことはあまりないとは思いますが、その下の700ー800点代だと会話、書くことがこのスコアで一般的に期待されるレベルに達してないいケースが多々あるそうです。


ただTOEICの試験形式を考えると、上記の事は起こることは決して不思議ではないでしょう。


ある意味TOEICというのは、TOEIC対策というのをしっかりすればその人の「英語力」自体がそこまで根本的にあがってはいなくても、試験慣れすることでスコアのアップができてしまう部分があります。


受けたことのある方はおわかりになると思いますが、あまり難しい単語もでてきません。


レベル的には英検2級くらいのレベルの文書がたくさん出てくるというイメージが私の中ではあります。


試験内容が確かに実際の実務内容に近いものなので、英検にとってかわってビジネスマンの英語力を測るテストとして台頭してきたわけですが、私の意見ではそこまで自分達の英語力を反映してくれるものではないのではないかという気がします。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

留学後も英語力の更なる強化を!

留学後もしっかりと英語の勉強をしていればよかった!


そういうことを最近よく思います。


留学後というのは、4回生の5月に帰ってきて、それで大学を卒業するまでの期間です。


一応私は社会人になると同時に英検1級取得にむけて勉強を開始しましたが、留学後は就職活動を一通り終えた後は英語の勉強は大学卒業まではほとんどやっていない感じでした。


この期間は一応英検1級を試しに受験等はしましたが、対策はほぼしておらずただの記念受験でしたね。


だからこそあの期間に英語の勉強をしなかったことを後悔します。


確かに留学中の勉学から解放されて自由な気分で楽しいですが、その後から始まる就職活動、そして社会人生活にむけて更に自分の英語力を強化していくのが大切なことだと思います。


あの時もっと英検1級の勉強をしていたらもう少し早いタイミングで1級がとれたのにな、と今よく後悔しています。


交換留学を終えた時点で英検1級、TOEIC950以上、また国連英検特A級等をとれるだけの力があれば、他のことをしてもいいと思いますが、全員がそこまで英語ができるという訳ではないと思うので、これから留学を経験される方は留学後も英語の勉強を継続してドンドン英語力を伸ばしてほしいなと思います。


卒業論文等が必須の大学では、4回生時はそれに掛かりっきりになってしまいますでしょうが、関西外大は卒論は必須ではない為、4回までに単位をしっかりととれていれば全く授業に出なくてよくなります。


こうなると、たくさん自由な時間ができ、ある意味人生で一番時間を自由に使える時です。


この時間を英語の勉強に割くことができれば、ものすごく有意義なものになると思います。



私のように留学から帰ってきた時点で、TOEIC800、英検準1級を習得している人なんてザラにいると思います


そういう意味でも、今後の就職活動、社会人生活に向けて他の留学経験者と自分を差別化する為に、留学後も英検、TOEIC等の資格を取る、英語力を更に高める為にに英語の勉強を継続していってほしいと思います。



大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

留学だけやったら普通やぞ!!

この題名ですが、以前私が関西外大の時に入っていた陸上部の先輩に言われた言葉です。


私は大学3回生の夏までは陸上部に所属していて、そんなに強い選手でもありませんでしたが、短距離をやってい
て、100Mを10秒台で走ることを目標に練習に明け暮れていました。


そして大学2回生の夏までは順調に練習もこなせていて、その秋には11秒台前半も出せるだろうというところまで体の調子はよかったのです。

しかし、その年の夏が終わった頃に足首を痛めてしまい、そしてせっかく西日本学生陸上選手権大会のリレーメンバーにも入れていたのに、そのチャンスをフイにしてしまいました。


そしてちょうど気落ちしていた時期から交換留学の選考試験が始まり、無事試験にも合格できたんですが、この時からもう満足に走れなかった影響からか、気持ちが陸上から留学の準備の方へ向いていってしまっていました。


そんな僕の様子を察したのか、その時の短距離チームのキャプテンから、「交換留学に向けての準備や勉強が大変やのはわかるけど、このまま陸上を中途半端にしてしまったらお前普通やぞ!」 と言われました。



その当時は、「先輩は自分の苦労がわかんないからそんなことが言えるんだ」 みたいなことを心の中で思っていましたが、 後になって先輩の言っていたことは正しかったということを感じました。


確かに交換留学は他の留学システムと比べて、食費、寮費等も大学側が負担してくれる魅力的な留学制度ですが、それを経験する学生は割とたくさんいます。


彼らと自分自身のやり遂げたことを比較する、される時に、普通に留学に向けて勉強して留学を勝ち取った学生と、部活を続けながら尚留学を経験した学生とではやはり後者の方が社会では評価されると思います


精神的にも後者の方が成長できるとも感じます。

それをやり遂げることによって、普通に勉強して得た留学よりも価値のある留学を経験することができるそと先輩は伝えたかったのでしょう。


そして僕は100M10秒台で走るという目標は最終的には達成できませんでしたが、留学出発直前まで陸上をやり抜いて、最終的にベスト記録は11秒52でした。


はっきりいって全く褒められたタイムではありませんし満足もできませんでしたが、最後までやりきったことは本当によかったと思います。


そういう過程、悔しさを経験したからこそその教訓を生かしたいという気持ちで留学をある程度成功できたと思いますし、それが今でも国連英検特A級を取ろうというモチベーションの起源になっている気がします。


本当に先輩から頂いた助言には今でも感謝しています。






大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村







NEXT≫
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。