このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の発音矯正方法  R・Fの場合

前回から英語のアルファベットの発音矯正方法を紹介させて頂いておりますが、今回は残りのR,Fに関して説明させて頂きたいと思います。

Rに関してはLと同様綺麗に発音するのに苦労している人が多いように感じます。私はなぜかRに関してはあまり苦労せずに発音できたので上手く正しい発音方法を伝えられるか自信がないのですが、発音時に意識すべきことは舌を口の中からまわしこむような感じで発音することですね。

非常にわかりにくい説明で大変申し訳ないですが、アメリカ人等が英語を喋る時のあの舌をまいたような英語をイメージすると良いでしょう。本当に舌を口の中でまいていくようなあの感覚ですね。

最後に F ですがこれは口の使い方、発音方法はVに似ている部分があります。上の歯で下唇をそっと噛む感じです。なかなかこのFの発音方法の大切さを語る人はRやLに比べると少ない気がしますが、Fを上手く発音できるかどうかで喋る・歌う英語の綺麗さが変わってくると個人的に感じます。

VよりもFを使う単語が多いはずでしょうから余計にFの発音がしっかりできるかできないかが重要になってくると思います。この上の歯で下唇をそっと噛むという発音方法を是非マスターしてほしいと思います。

私個人が個々のアルファベットで発音方法を特に気をつけているのはこれまで紹介させて頂いた L、R、VそしてFです。2文字以上となるとth等も挙げられますが、一文字のアルファベットだとこの4つが主です。

これらの文字の発音方法をマスターして自分の話す英語の綺麗さを上げていって頂きたいと思います。

大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を話す・歌う際に気をつけるべきアルファベットの発音 V編

先日のブログの英語を話す・歌う際に気をつけるべきアルファベットの発音に関する続きですが、今回はVについて確認していきたいと思います。

これもL同様発音するのが日本人として難しいものだと思います。具体的な発音方法としては上の歯で下唇を噛みながら発音するアルファベットなので、日本語を喋る時にこういった口の使い方はなかなかしませんよね。意識づけしないと正確に発音するのが難しいと思います。

具体的な発音練習方法としては先日のLと同じで洋楽を歌う時に発音方法を意識して歌ってみるのが良いのかなと思います。実際に英語を母国語としている人達と喋るチャンスがある方はその時に発音方法を意識していくというのがいいのでしょうが、皆がそういった機会に恵まれるわけではないので、こそこそと自分の好きなアーティストの洋楽を歌うのがいいのかもしれません。

Vの発音に関する留学時代のほろ苦いエピソードとしては航空学の英単語とウォッカが正しく発音できなかったことですね。私は留学先の大学でその当時の目標がパイロットになることだったこともあって航空学を専攻していて、航空学は英語でAviationと発音するのですがそこが相手に伝わらないのが辛かったですね。

というのもアメリカの大学ではよく学生同士で互いの専攻はなんだというのを話すので、その時にAviation としっかり発音できずに何度も言い直した記憶があります。

後友人とパーティ等にいってお酒を飲む時に、アメリカではよく学生はウォッカを飲むのですがそのウォッカという発音も上手く発音できませんでした。ウォツカは Vodka というスペルなのでVをはっきり発音できないと相手に全く伝わりません。ただアメリカ留学時代は発音の矯正は全くしてこなかったので最後まで通じないままでした。 友達にウォツカと上手く発音できないことをたまにからかわれましたね(笑)

先程も言った通りVも正しい発音をする為に練習あるのみですが一つ気をつけたほうがいいことがあって、それは発音する時にあまり下唇を強く噛まないことですね。 私は強く噛みすぎて何度か口内炎になってしまいましたので適度に下唇を噛んで綺麗に発音することを心掛けましょう!

大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の発音矯正方法  Lの場合

私は最近必ずカラオケで盛り上がる洋楽と題して、何曲かの洋楽を皆様に紹介させて頂いておりますが皆さん英語の発音には自信があるでしょうか?

せっかく盛り上がる洋楽を歌ったはいいものの、なかなか上手く発音できない為に自分のイメージ通りに歌えていないとなかなか歌っている自分自身のテンションが上がりませんよね。

そこで非常に恐縮ですが、私が普段英語を喋る、そして洋楽を歌うときに心がけていることを紹介させて下さい。

それはL、R、F、Vのこの4つのアルファベットの発音に特に気をつけることです。私の考えではこれらの発音に気をつければ日本人は英語で普通に喋る・歌うことができると思っています。

まずは今回はLから行きましょうか!  もうこのアルファベットはどの日本人にとって最初は上手に発音することが難しいある意味鬼門の代表的なものだと思います。 Lの発音方法としては舌の先端を上の歯の裏において発音しますが、日本語には全くない発音方法なので大抵日本人がLの発音を適切に発音しようとすると最初はなかなか上手くはなかなかいかないものです。

私も最初は、というか割と長い間このLの発音ができませんでした。実はアメリカに留学に行っている間でもこのLの発音がなかなか上手く発音できず、planがアメリカ人に通じなかった時は本当にショックでした。

その時はもう通じないものと諦めていたので、planの代わりにscheduleと言っていました(笑)  一応scheduleにもL発音がありますが、語尾の方にある為か一応相手には通じていました。

その他に通じなかったよく使われる単語としては airplane があります。これは現地のアメリカ人に通じなかったばかりか、同じアジア人である中国人にも通じませんでした。 これはショックでしたね。私は留学中に航空学を専攻していたのでairplaneという単語を使うことが多かったのですが、これもまた上手く通じなかったばかりに代わりにaircraftという単語を使っていました。

このLの発音の克服方法としては洋楽を歌いまくることでしたね。 Lが使用される単語が歌詞にある時は常に舌を上の歯の裏に置くように意識して歌っていました。これを繰り返すことでいつのまにか意識しなくても自然にLの正しい発音ができるようになっていました。大事なことはとにかく反復することだと思います。

また次回に残りのアルファベットのことも紹介させて頂きます。

大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。