このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国公認会計士取得で英語力+会計の知識があることを証明したい~英語力+αが今後の目標~

先日海外でも通用する資格を取得したいという記事を書かせて頂いた内容の中で米国公認会計士を取りたいという内容を書きましたが、そもそもなぜ私が会計系の知識、資格を得ようとしたのかという経緯を簡単に書かせて頂きます。

実は1年半前から前職での業務に生かす為ということで簿記の学習を開始し、簿記2級をとって今は簿記1級の取得に向けて準備しているのですが、簿記の知識を学ぶのは業務に生かしたいという理由と、英語力以外の武器を持ちたいと思うようになったことがあります。

資格面だけでも英検1級、国連英検特A級、TOEIC900点以上と英語力に関してはなかなかのスキルが身に付いたと感じますが、それはあくまで英語力だけの話です。英検1級等持っていなくても、例えばアメリカの大学に4年通って卒業した人であればもうネイティブ級の英語力があると見なされ、英検1級保持者よりも高い評価を受けることがほとんどだと思います。もちろん英語で経済学、ファイナンス等を学んでいるのですから英語力+専門性を身に付けた人と見なされ高い評価を受けます。

私の今の職場では特にそうですが、そういう留学経験者が最近増えてきているので英語力があるだけでは職場で特別な存在とはもうなれないのです。最低でも英語力+αが必要、今の職場に来た時にそれを再認識し、英語力と会計の知識を証明できるようになりたいと思ったのが米国公認会計士を取りたいと思った理由です。

英語が喋れて尚且つその英語を使ってなにができるか、そういう能力が今後更に求められていく傾向が強くなるような気がします。 スペシャルな存在になる為にも自己研磨は欠かせませんね。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。