このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

英検2級の試験内容が変わりますね! 4級&5級にもとうとうスピーキング導入!


先日のブログにて英検の試験がスコア制になったということを書かせて頂きましたが、それに伴ってか英検の試験内容も変わっていくようですね!

詳しい内容は下記サイトをご覧頂きたいのですが、大枠としては英検2級にライティング、英検4級&5級にスピーキング試験が追加されるようです。

実用英語技能検定 2016年度第1回からのリニューアルのお知らせ

英検2級のライティング追加に関しては、従来の聞く・読む・話す・の3技能評価に書く能力評価が試験に加わったということですね。 これまでライティングは英検準1級&1級のみの試験内容でしたがとうとう英検2級にもライティングが追加されることとなったようです。

これは個人的には良いことだと感じました。 書く能力は当然英語を身に付ける上で大切ですし、おそらく英検2級を受験する方は高校生、特に高校3年生が多いのではないかと思います。

高校3年生というと大学受験が控えていて、英語でも筆記試験を受験する大学によっては受けなくてはいけないケースもあるでしょう。マークシートだけではなく時には文章を書かされるような筆記試験もあるので、受験前に英語のライティングの基礎力を磨くには英検2級受験が格好の機会になるのではないかと感じます。

また大学生で受験する方もいるでしょう。 英語力をアップさせたい方、特に就職活動で履歴書に書けるようにと英検2級を受験する方が多いのではないでしょうか? 社会人になってもおそらく業務で英語を使う機会は人によってはでてくるでしょうし、特にメールでのやりとりで英語を使う機会が増えてくるのではないかと思います。

ライティング力を鍛えるとそういった業務にも対応できるようになるので大学生にとっても英検2級にライティングが追加されるのはプラスになるのではないかと思います。

私が英検2級を取得した時は試験にライティングがなかったので、今後リニューアルされた英検2級を受験される方々にとっては今回の英検2級へのライティング追加は頭が痛くなるようなことかもしれませんが、書く能力を鍛える良い機会だと前向きに捉えて頂いて試験に臨んで頂きたいと思います。

大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

英検のCSEスコア導入について


どうも皆様お久しぶりです!  なかなかブログが更新できておりませんでしたが、私は元気でやっております。

今日はタイトルの通り、2015年第一回の試験から導入された英検のスコア制度のCSEスコアについて書かせて頂きたいと思います。 まあとうとう英検も全級統一のスコア制度を導入してきたかという感じですかね。 おそらくTOEIC等の試験を意識しての方策でしょうが、取り組みとしては良いのではないかと思います。 皆様の中にも既に受験された方もいらっしゃるのでしょうか?

良いことの一つとしては従来の英検受験に楽しみが一つ増えることでしょうかね。 今までは英検は各級毎の合否という枠でしか自分の英語力を把握できませんでしたが、スコア制が導入されたことによってこれまでの受験級の合否に加えて、英検1級満点3400点を基準として各級毎の距離感というものが測れるようになりました。

このCSEシステムというのはどうやらグローバル基準の英語力を測れる基準点のようで、なんだか信憑性もありそうですね。

これは今まで4級~1級すべてを過去の英検の仕組みでを受けてきた私には画期的なことです。 これまでは例えば英検2級を受けた時は英検2級の試験合否しかわからなかったですが、それで合格した時に次の英検準1級への距離感はあと何点だというものが見えてくると、次の級を受験するモチベーションになります。

TOEICは完全なスコア制で社会人であれば現状400点台だとして、例えば将来海外勤務をしたいので600点を目指そうとなると、あと200点程あげる為にどう勉強すれば良いかということですから目標が非常に明確です。

ただスコア制度を導入する前の英検となると、例えば英検2級の人が英検準1級を取得したいと思った時にあと何点スコアアップさせたら良いかというのがパッとは浮かぶような基準がありませんでした。同じ級であれば不合格の時は合格点まであと何点必要というのがわかりますが、級を跨いでの目標設定が定量的にできるものではありませんでした。

そういった意味で昨年から始まった英検スコア制度導入によって英検がどのように変わっていくかというのが非常に興味深いですね。 TOEICに奪われがちな社会人層の受験者の取り込みもできるかもしれませんね。

今ではTOEIC 800点以上とれたらすごい!  というあくまでTOEIC基準が一般的ですが、今後は英検2500点以上がすごい!とかの英検基準が世に出てくるのでしょうか? 級別に試験内容が異なるものを同じスコアで結果表示するというのは難しいでしょうが、英検スコア制度の今後がますます楽しみですね!

大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

英語教師にとって英検準1級取得は高いハードル??


先日英検関連のニュースを見つけたので記事を紹介させて頂きます。

英検準1級、教員には高いハードル 文科省調査

ニュースの内容を簡単に説明させて頂きますと、全国の英語教師の中で英検準1級、もしくは英検準1級相当に値する資格を取得している英語教師の割合は中学英語教員では約29%、高校教師では約55%という結果となり、目標としていた中学教師 50%、高校教師 75%には未達となったという内容です。

この記事を読んで、私が高校生の頃に担任の英語の先生が言っていたことを思い出しました。話の内容としては全国の高校の英語教師に英検準1級取得を半ば義務付けるようにするというような制度ができたようなことだったと思います。

その先生は英検1級を取得していたのでなんだか対岸の火事のような感じでしたが、ただこのニュースを見てあの時先生の言っていた事の流れから来ているものだとわかりました。

私のこの記事を読んでの感想としては、英検準1級を取得している高校の英語教師の割合が50%いればそれでいいのでしょうが、英検準1級相当のもの、例えばTOEIC 730点、TOEFL IBT 80点以上を取得している先生も合わせて55%というのはちょっとまずいような気がしました。

残念ながら英検の影響力がTOEICの急速な普及により落ちている今、英検をあまり重視していない先生もいると思うのでTOEIC,TOEFL、国連英検等他の英語資格で自身の英語力を証明できるものがあれば良いと私は思っていますが、それがないとなると特に高校英語教師の方は自信を持って生徒に英語を教えることができるのだろうかと心配になります。

高校生にもなると英検2級を取得する生徒もちらほら出てきますし、進学校にもなると英検準1級、中には英検1級を取得している生徒もいると 思うので、先生としての面目を保つ為にも最低でも英検準1級クラスの資格を保持しているのが私は良いと思います。


特に高校英語教師の方々は目標の75%を達成する為にも日々英語力の研磨に励んで頂きたいと思います。



大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

高校3年生の英語レベルは英検3級レベル??  私の高校時代を振り返ってみる


先日のブログにて現在の高校3年生の英語力が英検3級レベルというニュースから私の感想を書かせて頂きましたが、今日は私の高校時代を回顧しながらこのことについて考えていきたいと思います。

私の高校時代を振り返ってみてこの現状について思うのは、この高校3年生の英語力が英検3級レベルという結果は極端にまずいものではなかったかなということです。 というのも私の高校生活を振り返ってみるとクラスで英検2級を取得している生徒はほんのひと握りしかいませんでしたし、クラスのほとんどの生徒が英検3級レベルだったような気がします。

私が通っていた高校は偏差値でいうと55くらいで、全国の平均的なレベルの高校でこのような状態ということは全国のほとんど高校でも同じような状況だっだと推測できると思います。

しかしこれはあくまで英検の取得者という観点から見た場合の話です。 本来英検2級、準2級を取得する英語力がありながら英検を受けていない生徒の方が多いと思いますので、高校3年生の英語力が英検3級しか取れないレベルとなるとこれは問題だと思います。


大学受験を控えた高校3年生は単語帳のターゲット1400等の学習で英検3級以上の語彙力は習得しているはずですから、英検準2級はとれくるらいの英語力はついている気がしますが、それができないのは生徒の勉強不足もしくは英語教員の指導力不足と言わざるを得ない気がします。




そもそも英語が嫌いという生徒も増えているという話も聞きます。 好きこそものの上手なれといいますし、生徒が英語を好きになれるよう先生も工夫して英語を教えないといけないと思います。 それが簡単なことではないことは承知の上ですが、生徒にいかに英語を好きになってもらうかを考えながら試行錯誤していくことが大切なことと感じます。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加

高校3年生の英語レベルは英検3級レベル?? 深刻な生徒の英語力不足

非常に久しぶりの記事になってしまいましたが私はいつもどおり元気でございます。 PCの故障、引越し、簿記試験勉強等いろいろバタバタしていましてブログがなかなか書けませんでしたが、久々の投稿をさせて頂きます。  先日見つけた興味深いニュースを紹介させて頂きます。

日本の高3、英語力は中卒程度 「書く・話す」苦手

記事の内容を要約させて頂くと、なんと現代の高校3年生の英語力は英検3級レベルということが実証されてしまったようです。文部科学省が無作為に選んだ高校3年生に対して英語力調査を実施した結果がそのようなものに終わったようです。 特に書く、話す能力に関して苦手としている生徒が多いことも分かったようです。

ぱっと記事を見た印象では現在の高校3年生の英語力はとても深刻なものだと思えます。 なぜならシンプルに考えると高校生に3年生に求められる英語力とは英検に換算すると英検2級程度であるからです。 それが高校3年生段階で平均の英語力が英検3級レベルというのはいささか寂しい気がします。

次回は私の高校時代のことも回顧しながらこのニュースについて考えていきたいと思います。


大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村


NEXT≫
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。