このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

留学までの時間はどう過ごす?

交換、学位留学生としての派遣が決まって、実際派遣されるまでの期間は人にもよりますが大体3-4カ月あります。


6月頃に留学準備コースが終り、そして後は学校の平常授業を夏休みまで受けていればいいんですが、基本的に3

年生時の専門科目の単位は留学準備コースで取れてしまうので人にもよるとは思いますが、私がこの期間に受けて

いた授業は共通科目の経営学だけでした。


だから授業だけでいえば学校には週1,2回きていればよかったのです。


しかし私は陸上部に入っていて留学する8月に引退すると決めていたので、それまでは週5日は学校に来て、一生懸命陸上に打ち込んでいました。


私のように部活にでも入っていれば忙しいかもしれませんが、そうではない交換留学生にとっては留学も決まり、出発までの時間は自分の好きなように過ごせるのである意味とても楽しい期間といえるでしょう。


今までは留学準備コースでたくさん勉強してきたので、心身を休める期間にしても良いでしょうし、留学が決まった仲間同士でこの期間に遊ぶというのはとても楽しいものでした。


ただこの期間にも英語の勉強はしておいたほうがいいでしょう。


3カ月もの間英語の勉強をしなければ当然力は落ちるでしょうし、留学先で大変な思いをすることになります。



ですから、この期間を利用して英検、TOEIC等の英語の資格をとる勉強をするというのは良いと思います。


というのも留学から帰ってくると、そこからいきなり就職活動をしなくてはいけなくなるので、この期間で英語の資格を取っておくのは良いと思います。



まあ留学から帰ってきた後からでもTOEIC等を受けても良いと思いますが(その方がスコアははるかにアップする人が多いと思います)、 今現状の力を知っておくのは良いと思います。


留学後は何点とれるようにしておこう、という目的も立てやすくなるでしょうしね。


TOEICは今では割と頻繁に受けれると思いますが、英検は年間3回しか受けれないので興味のある人は留学前に受けておくと良いでしょう。


TOEICは結果が1か月もすれば出て、就職試験で履歴書に書けますが、英検の場合は就職試験に役立ちそうな2級以上は2次試験の面接もあり、最終的な結果がわかるのに2カ月以上かかってしまいます。

ですからこの期間に受けておくとよいでしょう。


準1級、もしくは1級にチャレンジすれば良いと思います。


この期間の間に気分をリフレッシュさせつつ、英語の力も高めていくのがベストの過ごし方だと思います。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

交換留学生になるにはどれほどの英語力が必要か?

留学準備コースというものは3ヶ月間の集中プログラムで、それを経てようやく関西外国語大学の交換留学生とし

て認められるわけですが、実際交換留学生になる頃にはどれほど英語力が備わっているのか、というのは気になるところだと思います。



僕の留学直前の英語力は、英検でいうと準1級、 学内TOEFLが537点、そしてTOEICが675点(リスニング375点  リーディング300点)という感じでした。


TOEICのスコアが英検準1級と比べると低い感じがしますが、まあこんなもんです。


ちなみにTOEIC、英検共に留学準備コースを終了後に受験しました。


前に日記でも話しましたが英検準1級に関しては全く対策等せずに合格できました。


おそらく留学準備コースでリーディングをたくさんやったお陰だと思います。


僕の英語力というのは交換留学生の中でも平均、もしくはそれ以下という感じだったので、交換留学生になれる人はおそらく英検準1級はサクッと合格できる力はあるのだと思います。

実際僕の友人で同じ交換留学生の子も僕と同じタイミングで英検を受験し、合格してました。 


彼もほとんど準備無しだったそうです。


ちなみにTOEICに関しては僕は600点台でしたが、周りの子は皆750点くらいでした


留学出発前の交換留学生の平均TOEICスコアに関しては700点台といったとこだと思います。


ですので、関西外国語大学で交換留学生になるのを目指すのであれば、留学前はこれくらいの英語力をつけるのを一つの目安にするのも良いのではないかと思います。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

学位留学、2カ国留学について

今までは交換留学に関することを書いてきました。


今日は、学位留学、2カ国留学についてちょこっと書きたいと思います。


学位留学とは指定されたアメリカの大学に2年間留学し、学位をとってくるプログラムです。


ですので、学位留学する人達は関西外大と留学先の大学の2つの卒業資格を得ることができます。


その代わり交換留学に比べて、勉強量等更に大変な留学だと思います。


2カ国留学は2つの国と地域を1年ずつ、計2年間留学できるプログラムです。


学位留学と違い学位等は取得できませんが、2つの国での留学を経験できるという点では非常に魅力的です。


この2つの留学に合格するには、交換留学選考試験に合格後に再度申しこみを行い、そこで受けるTOEFLのスコアが550点を超えて、その後行われる面接試験に通れば合格できるそうです。


私も実は交換留学試験に合格した後、2カ国留学に申し込みました。


しかし、TOEFLのスコアが537点で落ちてしまいました><


その当時はしょうがないか~という感想でしたが、後々あの時もうちょっと勉強しておけばよかったと思いました。


というのもただ1年間留学する人なんていうのは世間にはたくさんいますから

後の就職活動の為に他の留学経験者と自分を差別化する、そして人生の視野を広げるという意味でも2年留学を経験するのは非常に有意義であると思います


ですので、学位留学、2カ国留学をしたい人達には是非頑張ってほしいですね。



大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

留学準備コースの合否について

最近の日記で、留学準備コースの授業の内容を書いてきました。


実はこの留学準備コースにも合格、不合格というものが存在します。


合格とは無事交換留学生として留学できる資格を手にしたことを意味し、逆に不合格とは留学できないということを意味します。


実は明確な合格、不合格の境界線というものは非常に曖昧です。


ですので、100パーセントこうだ!!という明確な基準というものはよくわからないのです。


関西外大らしいといえばそうなってしまうかもしれませんが・・・(笑)


ただ、私達の時代で最も浸透していた合格の基準点は3科目の留学準備コースに受ける授業の成績の評価の平均が80点を下回ればアウトというものでした。


ある一部の噂では一科目でも80点を下回っていたらアウトだというものもありましたので、どれが本当なのかが正直わかりません。


ただ一つ確かなのは私達の時代では3科目すべてで80点以上とれていれば間違いなく合格できたということでした。


私の場合は中小企業経営の授業の点数が最後のテストまで80点を下回っていたので、危なかったのですが最後のテストでなんとか高得点をとり、危機を免れました。


その最後のテストを返す時に、先生が「交換留学に行けなくてもそれは世界の終りではないからそれをバネに頑張ってほしい」みたいなことを言っていたのでとても怖かったのを覚えています(笑)


ですので、今後留学準備コースを受講される方達には必ず全科目80点以上取ってもらって、気持ちよく留学への切符を手にして頂きたいと思います。



大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

留学準備コースの通常クラスについて

先日は関西外大の留学生別科の授業について書いたので、今日は通常の留学準備コースの授業について書きたいと思います。


これは交換留学候補生が留学候補生準備コースの中で必ず受ける授業で、基本的にはIESの時と同じ授業スタイルです。

つまり、先生はネイティブで、クラスメイトは日本人という図式です。


一点違うのは、日本人のクラスメイトとはいっても皆自分と同じ交換留学候補生ということです。


だからIESの時のクラスの雰囲気とはまたちょっと違って、それよりも少し空気が張り詰めたような感じです。


まあ皆同じ立場ですから一旦話す機会があれば、打ち解ける時間も早かったですね。


私が取っていた授業は1つはマスメディアについて、そしてもう1つの方はスモールビジネスマネージメント(中小企業経営)についての授業でした。


2つの授業共に、分厚い紙のテキスト本を与えられて、それを使って勉強していくという図式でした。


マスメディアの授業の方はそこまで難しくはなかったのですが、 スモールビジネスの方は私にとっては非常に難しかったです。


企業の経営について学ぶので、当然財務関連のことも学ばねばならず、バランスシート、経常利益等の言葉も出てきて大変でした。


記憶では3回のテスト受けましたが、1,2回ともに得点が80点を下回って、3回目のテストで90点近くとらないとパスできない状況に追い込まれましたが(留学準備コースは最終成績が80点を下回るとコースを修了できないといわれていました)、なんとかそこそこのスコアをとれてぎりぎりで修了できました。


留学生別科のクラスとも合わせて、なかなか大変な3カ月の留学候補者準備コースでしたが、なんとか3科目とも修了することができました。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
NEXT≫
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。