このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パイロット自社養成試験  身体検査

JALエクスプレスのパイロット自社養成試験の4次試験は身体検査でした。


正直私はこのステージにこれた時点でかなり合格した気でいたのを覚えていますw


私は元々体育会系の出身で小学校ー中2まではサッカー、そして中2から大学3年の留学する前の夏までは陸上競技部にいたので、人一倍健康体でした。


そしてパイロットを目指す人にとって一番のネックとなる視力も、両目とも裸眼で1.2と抜群によくて、一見外見的には本当に問題がないように思えたからです。


しかし、最終的には不合格になってしまいましたね


私の見解ではおそらく身体検査自体では問題はなかったけども、4次試験の合格判定は身体検査の結果だけではなく、今まで受けてきた試験の総合判定で合否を決められていたらしいので、多分私は最初に受けたSPIの基礎学力テストの出来が他の人に比べて劣ったので、落とされてしまったのだと思います。


あくまでああいう学力テストは足きり点にしか過ぎないと思っていたのですが、ちゃんと最後まで選考の対象になっていた可能性が高いですね。


ですので今後テストを受ける方には、ちゃんとSPI等の試験で高得点をとれるよう勉強するのをお勧めします。


実際に身体検査で行なった検査としては、普段の普通の身体検査で行なう検査以外では、脳波等を検査し、視力テストでは色盲テスト等を行いました。


脳波を検査したのは私の記憶では人生でもはじめてだったのではないかと思います。


もしかしたら脳波に以上があったのかもしれませんね~、ただなぜ不合格になったかというのは教えてもらえないんで、落ちた原因は永久に謎のままです。


そしてその試験を受けた後辛かったのが、合否判定がでるまでになんと2ヶ月近くかかるということです。



ただ合格者には比較的もっと早く合格の連絡が来るようです。 3週間~1ヶ月ちょっとでくるのではないかと思われます。


ですので30日以上たっても連絡がない場合は、不合格している可能性が高いのかなと感じます



合否を一斉発信して頂けるとありがたかったのですが、そうはいかない部分もあったのでしょうね。



そんな感じの身体検査でした



大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

パイロット自社養成試験  適正検査について

私は自社養成パイロットの試験の中の適正検査はJALエクスプレスの試験の過程で経験しました。


JALエクスプレスの適正検査は試験の段階でいうと4段階目の試験で行なわれました。

ちなみに私の時はJALエクスプレスの選考試験の過程は、書類選考ーSPI試験ー1次面接ー適正検査+英会話面接→身体検査→役員面接という形式で進んでいきました。


適正試験でやったこととしては心理テストとPCを使用しての飛行適正検査でした。

心理テストはひたすら計算を繰り返していくテストで、これは多分他の企業でも採用試験の時に使われるものだと思います。


飛行適正検査は、本当に飛行機ゲームのようなものでゲームで使われるような操縦コントローラーのようなものを使用し、ドンドン前から四角のマスが出てくるのでそれを枠内に飛行機を通過させていくというものでした。


最初はてこずりましたが、次第に慣れてきて、最後のほうはよくできたなと思いました。


その他にもこのステージではJALエクスプレスがパイロット候補生を訓練するアデレードから、2-3人の教官も試験管として参加し、先程の飛行適正検査もその外国人の教官から指導をうけて試験を受けるというものでした。

将来は英語を使用して訓練を行なうので、その適正もチェックされていたのかもしれませんね。


その外国人の教官達との英語面接も行なわれ、彼らと1対1で、なんでパイロットになりたかっのか、パイロットにはどういう能力求められると思うか等の質問を受けました。


私は一応そこそこ英語ができたので問題なく受け答えができ、面接の終わり際には「アデレードで会いましょう!」って言われたので、すっかりその気になってしまいましたね(笑)


まあ次のステージで敗退することになるのですが、この適正試験の時には、採用担当の方と現役フライトアテンダントの方がアデレードでの訓練地等の写真を見せてくれて、とても印象に残ったのを覚えています。


次は身体検査のことを少し書きたいと思います。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

パイロット自社養成試験  面接試験

自社養成試験の面接試験は面接官2-3人に対して1人の受験者という形もあれば、集団面接という形で行われることもあると思います。

そして面接官は基本的には現役のパイロットの方がほとんどで、機長クラスの場合も多いと思います。


私がJALの自社養成試験で面接試験を受けた時は1次面接が面接官が2人で、おそらく若手のパイロットの方、そして管理職面接では面接官は3人でこの時は皆さんパイロットの制服を着ていて、おそらく機長クラスの方達でした。


とにかく特に3次試験で面接をして頂いたパイロットの方はすごくかっこよくて圧倒されっぱなしでした。


聞かれた内容としては特に1次面接ではあまり普通の就職面接とはあまり変わらなかったように感じます


志望動機、学生時代に打ち込んだこと、パイロットにはどういう能力が求められると思うか等他の職種でも聞かれそうなことでした。


ただ3次試験はすこし雰囲気が違っていて、聞かれた内容はあまり普通の面接とかわらなかったように思いますが、1つすごくおもしろい質問を受けました。


1人の面接官の方に 「あなたにとって飛行機が離陸して、そして最終的に着陸するということはどういう風に感じますか?」 というのがその質問でした。


おそらく私の答えとしては、パイロットの方々はその離陸と着陸の瞬間に一番気を使うのだと思います、みたいなことを言ったのですが、面接官の方の反応を見る限り、あまり良い答えではなかったのかもしれません。


ただ面接自体はとても良い雰囲気で行うことができ、面接官の方達も受験者を落とそうとするのではなくこの人のいいところを引き出していこう、という雰囲気で面接を行ってくれてものすごくやりやすかったです。


そしてJALエクスプレスも3ステージ目に面接試験がありましたが、そこでも同じような内容を聞かれたような気がします。


結果としてJALの方はこの3次試験の管理職面接とそれとセットで行われた2次試験の心理適正検査で落ちてしまいましたが、 なかなか良い経験になりました。


JALエクスプレスの方は、面接試験に合格し、次の適正検査試験に臨みました。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村







このエントリーをはてなブックマークに追加

自社養成 一次試験  エントリーシート+筆記試験

私は就職活動中に、3社程の航空会社の自社養成試験を受けました

その3社はエアーニッポン、JAL、そしてJALエクスプレスです。


先に結果の方を言ってしまうと、順に、 1次の筆記試験落ち、 3次管理職面接落ち、そして4次の身体検査落ちでした。


JAL系の航空会社はそこそこ進んだのですが、ANA系はボロボロでしたね。


基本的に1次試験は書類選考と筆記試験(国語、数学)がセットになっているケースがほとんどです。


JALエクスプレスは確か書類選考のみが、最初の関門でしたが、他の大手航空会社は大抵筆記試験とセットです。


大抵この筆記試験は国語、数学系の内容で、会社によっては英語の試験もあります。


対策としてはSPI等の問題集や、自社養成試験の過去問題集も市販されているのでそこで対策をすればよいと思います。

パイロット&管制官入試問題集パイロット&管制官入試問題集
(2005/08)
イカロスアカデミー

商品詳細を見る


エントリーシートももちろん評価の対象になると思うので、有名大学を出ていたり、後部活動等をやっていると割と好印象なようです。


資格等でもパイロットは英語力があったほうが良いので、ないよりもTOEIC、英検等の資格をとっていると評価してくれるでしょう。


一次試験はガチガチの選考というよりは、足切りのような要素が高いので、基準点をしっかりととっていれば通過できると思います。 大体7割くらいできていればよいようです。


次回は面接試験の経験談を書きたいと思います。




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加

パイロット自社養成について

私は就職活動をやっている時に、製造業、商社、物流関係等いろいろな会社を回りましたが、 実は一番なりたかったのは旅客機のパイロットでした。


私も当初はそうだったのですが、一般的なパイロット志望の人のイメージというのは高校までは数学系や工学系の勉強をして大学でもそういう関係の学部で学ぶ、そして試験を受けるとう風だと思うのですが、実は全く今まで理系の勉強を専門的にやっていなかった人でもパイロットになれるチャンスがあります


それが各航空会社がほぼ毎年行なっているパイロットの自社養成プログラムです。


この自社養成の採用試験に合格すると、会社側で訓練費用も含めて副操縦士になるまで育成をしてくれるという待遇です。


待遇が良いだけあってなるのも難しく、受ける航空会社によって若干異なりますが、倍率はおおよそ50倍程です。


ですので一見ものすごく難しく合格する可能性がかなり薄いようにも見えますが、ただ私の母校の関西外国語大学からも毎年4-5人各航空会社の自社養成試験に合格しています。

パイロットは国際線等を飛ぶ機会も多く、航空用語は基本的に英語で、英語を使用する頻度も高いので、英語が得意というのは結構有利になるらしく、あまり倍率だけにとらわれずに語学力に自信のある方はぜひ挑戦して頂きたいですね。


この本にもいろいろパイロットになる方法が載っています。

エアライン・パイロットになる本―チャンスは目の前に待っている! (イカロスMOOK)エアライン・パイロットになる本―チャンスは目の前に待っている! (イカロスMOOK)
(2005/05)
阿施 光南

商品詳細を見る


またの機会に私が受験した時の感想、反省等を書きたいと思います




大いに励みになるので宜しければ下の3つのバナーのクリックをお願いします!


英語 ブログランキングへ
にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へ
にほんブログ村
NEXT≫
広告
カテゴリ
広告
ブログの記事内から探す
スポンサードリンク
国連英検お勧め対策本
月別アーカイブ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
最新トラックバック
スポンサードリンク
プロフィール
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
リンク
FC2アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。